大会報道

世界卓球2013パリ大会7日目⑧ 男子単準決勝、張継科が許昕に勝利

2013.05.20

<世界卓球選手権大会>

男子シングルス準決勝の第1試合が行われた。男子シングルスはベスト4を中国が独占。ここからの3試合はすべて同士打ちとなる。最初に行われたのは世界ランキング1位で第1シードの許昕前回チャンピオンの張継科の戦い。このライバル対決を制したのは張継科。2連覇まであと1歩に近づいた。

 

20130517-01.jpg同士打ちでも圧倒的な強さを見せた張継科

20130517-01.jpg第1シードの許昕がベスト4で崩れた

張継科(中国) 8,2,9,10 許昕(中国)

許昕と張継科のライバル対決は調子を上げてきた張継科の優勢で始まった。ラリーでも1発で決めるフォアハンドに、打球点の早いバックハンドカウンターでノータッチエースを決めるなどして2ゲームを先制。
第3ゲーム許昕リードの4-3で許昕がラケットの破損でスペアと交換。許昕リードで進んだゲームだが、終盤で張継科がまたバックハンドを決めて10-8と逆転。10-9と詰められたところで勝負を決めたい張継科がタイムアウト。次のポイントはネットインで張継科。3-0と勝負を決めたかに思われた。
第4ゲーム張継科の3-1から、張継科のバックハンドがきわどくエッジインしたところで後がない許昕がタイムアウト。早い攻め逆転した許昕が10-7とゲームポイントを握るが、張継科も攻めの姿勢を崩さず10-10に。チャンスボールに見えないようなボールでも1発で決める好調の張継科がここでも難しいボールを2本連続エースを決めて2大会連続の決勝進出を決めた。



卓レポ.comでは本サイトのほかにツイッター(http://www.twitter.com/takurepo/)でもリアルタイムの情報を配信しています。是非ご覧ください。

試合の詳細な記録は下記サイトをご覧ください。
国際卓球連盟 公式HP:http://www.ittf.com