大会報道

北九州インターハイ2日目③ 女子学校対抗1〜2回戦 シード校が順当勝ち

2013.07.29

<インターハイ>

平成25年7月28日〜8月2日、北九州市立総合体育館にて第82回全国高等学校選手権大会が開催されている。女子学校対抗1〜2回戦では、4シードの強豪校をはじめ、実力校が3回戦へ駒を進めた。

 

20130517-21.jpg青森山田、V2を狙う
 
20130517-22.jpg希望ヶ丘は初優勝に向けて好発進
 
20130517-23.jpg四天王寺はルーキー芝田を2点起用


 女子学校対抗は2回戦までが終了した。岩国商業が明徳義塾に敗れたのを除いてシード校が順当に勝ち上がった。
 シード校が登場した2回戦では、第1シードの青森山田が芦屋学園を3対0で圧倒し好調なスタートを切った。エース鈴木が抜けた穴は大きいが、大岡監督ラストの年をV2で飾ることはできるのか。
 インターハイ女王前田を擁する地元・希望ヶ丘も優勝候補の一角。1回戦で佐賀商業を破った初出場の進徳女子(広島)と対戦し、トップで前田が圧倒。中沢、前田/弓取のダブルスが続き3対0で3回戦へ駒を進めた。
 昨年初のベスト4入りを果たした県岐阜商業は加藤知秋、加藤杏華の姉妹を中心に武蔵野を3対0と圧倒。同じく昨年初めて4強入りした愛み大瑞穂も真岡女子を3対1で破り16強入り。勝ち進めば準々決勝で県岐阜商業と2年連続の表彰台をかけて争うことになる。
 昨年2回戦敗退の憂き目を見た四天王寺はトップでルーキーの芝田を起用。男子のようなダイナミックなプレーで先制。芝田は松平とのダブルスにも起用され2点を挙げて勝利に貢献した。
 3年ぶりの優勝を目指す明徳義塾は、岩国商業に1対2から逆転勝ち。1番で岩国商業エースの高橋を鳥屋が破ったのが大きかった。
 こちらも初優勝を目指す正智深谷は平侑里香、平真由香姉妹を軸に前瀧、ルーキー牛嶋と充実の戦力。2回戦の華頂女子戦では全中2位の牛嶋が1点を落とすが、ダブルスと4番前瀧がきっちり決めて3回戦進出を決めた。



 


卓レポ.comでは本サイトのほかにツイッター(http://www.twitter.com/takurepo/)でもリアルタイムの情報を配信しています。是非ご覧ください。

試合の詳細な記録は下記サイトをご覧ください。
平成25年度全国高等学校総合体育大会:http://www.fukuoka-koutairen.com/2013ih/
全国高等学校体育連盟卓球専門部:http://www.koutairen-tt.net/

今大会の模様は卓球レポート9月号(8/20発売)、および10月号(9/20発売)に掲載。