大会報道

北九州インターハイ3日目② 男子学校対抗3回戦 ベスト8が決まる

2013.07.30

<インターハイ>

平成25年7月28日〜8月2日、北九州市立総合体育館にて第82回全国高等学校選手権大会が開催されている。女子に続き男子学校対抗3回戦が行われベスト8が決まった。

 

20130517-21.jpgヤマダのエースダブルスは辛くも勝利
 
20130517-22.jpg野田学園はエース吉村の不調に苦しみながらも8強へ
 
20130517-23.jpg出雲北陵は2年連続で東山を破り準々決勝進出
 
20130517-23.jpg明徳義塾は鶴岡東にストレート勝ち
 


 男子学校対抗3回戦は大混戦となったが、4シードは順当に勝ち残った。
 その中であっさりと勝ちを決めたのが愛工大名電。上江洲、水谷、上江洲/松下で滝川第二に快勝。
 青森山田は森薗、坪井とサウスポーが1番2番で松商学園から2点を先取。
森薗/三部のダブルスは個人戦で第2シードにエントリーされているが、松商学園のダブルスにマッチポイントを奪われるも土俵際で踏ん張って3対0で8強入り。
 希望ヶ丘は明豊との九州勢対決。1番、2番で田添、定松が連取するも、ダブルスと4番を落とし勝負はラストへ。最後は上村がサウスポーから繰り出す力強いドライブで勝負を決めた。
 野田学園は関西と対戦。1番で吉村が郡山にまさかのストレート負け。2番平野が留学生の呉から1点を奪い1対1に。シングルスの負けを引きずったか、吉村/千葉のダブルスも精彩を欠く。1対2でむかえた第4ゲームではマッチポイントも奪われるが、徐々に調子を上げてきた野田学園ペアが要のダブルスを逆転で勝ち取り、勝負は後半へ。4番5番は2台進行となったが、5番高取が岡を3対1で破り勝負は決まる。4番千葉は木村とゲームオールジュースの接戦を制して、野田学園は記録上は3対1の勝利となった。
 明徳義塾は鶴岡東と対戦した。明徳義塾は1番で渡辺が、2番で留学生の金が連取。ダブルスは堀/渡辺が1ゲームを落とすも気迫のこもったプレーで3対1とし、ストレートでベスト8。
 昨年ベスト8決定戦で出雲北陵に敗れた東山は今年も同じカードに。1番で出雲北陵渡邊が先制点を挙げるが、2番で東山はエース宮本が1点を返す。接戦となった要のダブルスを出雲北陵ペアが取り、後半のシングルスへ。出雲北陵の4番白根が三浦との打ち合いを制して出雲北陵が2年連続で東山を破ってベスト8入りを決めた。
 上宮は1回戦で遊学館を破った尚志学園とラストまでもつれた接戦をものにし準々決勝へ駒を進めた。
 ともにノーシードから勝ち上がった専大北上は2回戦で湘南工大附属を破った宮崎商業と対戦し、3対1で勝利を決めた。

準々決勝の組み合わせは以下の通り。試合はこのあとすぐ(現在時刻16時30分)。
青森山田 - 出雲北陵
愛工大名電 - 明徳義塾
野田学園 - 専大北上
希望ヶ丘 - 上宮

 


卓レポ.comでは本サイトのほかにツイッター(http://www.twitter.com/takurepo/)でもリアルタイムの情報を配信しています。是非ご覧ください。

試合の詳細な記録は下記サイトをご覧ください。
平成25年度全国高等学校総合体育大会:http://www.fukuoka-koutairen.com/2013ih/
全国高等学校体育連盟卓球専門部:http://www.koutairen-tt.net/

今大会の模様は卓球レポート9月号(8/20発売)、および10月号(9/20発売)に掲載。