大会報道

北九州インターハイ4日目② 女子学校対抗準決勝 青森山田と四天王寺が決勝へ

2013.07.31

<インターハイ>

平成25年7月28日〜8月2日、北九州市立総合体育館にて第82回全国高等学校選手権大会が開催されている。4日目は午前9時から女子学校対抗準決勝が行われた。青森山田対愛み大瑞穂、四天王寺対希望が丘は青森山田と四天王寺が勝ち残り、決勝進出を決めた。

 

20130517-23.jpg宋(右)/山本は連係のよさで愛み大瑞穂ペアに打ち勝った
 

20130517-23.jpg金子は相原を破り青森山田に一矢報いた
 

20130517-23.jpg安藤は準々決勝に続きラストで決勝点を挙げた
 
 
 青森山田 3−2 愛み大瑞穂
○宋 3-1 田中
 相原 1-3 金子○
○宋/山本 3-1 小室/田中
 山本 棄権 小室○
○安藤 3-0 柴田

トップバッターの宋は田中と対戦。宋はシェーク同様に両ハンド攻撃ができるペンドライブ型。パンチの効いた裏面バックハンド攻撃で3対1とし、青森山田が先制。
2番は相原対金子。ラリーでミスの少ない金子が3-1で相原を破り1対1に。
ダブルスは青森山田が宋/山本、愛み大瑞穂が小室/田中。青森山田ペアは宋がレシーブから先手を取って両ハンド攻撃のある両者が決めるパターンで小室/田中を圧倒。
4番、5番は2台進行。5番の青森山田・安藤が3-0で柴田を下し、先に試合を決めた。4番の山本は、昨日の準々決勝の県岐阜商業戦で加藤杏華を倒し決勝点を挙げた小室に1-2と劣勢だったが、勝負が決まった時点で途中棄権となった。
青森山田の大岡監督の退任が決まっている。最後の年を優勝で飾ることができるのか。



 
20130517-21.jpg森薗は切れのある両ハンドで前田を圧倒
 
20130517-22.jpg前田は防戦一方に
 
20130517-23.jpg安定感のある松平(右)/阿部のペアで決勝進出を決めた


 四天王寺 3−0 希望が丘
○松平 3-0 三輪
○森薗 3-1 前田
○松平/阿部 3-1 前田/弓取

四天王寺の1番はエース松平、対する希望が丘はカットの三輪を起用。松平は落ち着いたカット攻略で三輪をストレートで圧倒。
2番は四天王寺森薗と希望が丘前田の同級生対決。3年前に全中の決勝を争った2人の対戦となった。第1ゲームは攻守のメリハリがきいた前田が先制。第2ゲームは森薗が速い攻めでジュースの競り合いを制して1ゲームを返す。前田は12-12で早めのタイムアウトを取ったが決められず。続く第3ゲームも両ハンドで攻める森薗に対して前田は攻め手を欠き11-7で森薗。森薗はバックハンドサービスからの攻撃で序盤からリード。9-5から前田の追い上げを食らうもハイレベルな高速ラリー戦を制して13-11で、四天王寺が決勝進出に王手。
ダブルスは四天王寺がこれまでの松平/芝田に替えて松平/阿部のペア。希望が丘は前田/弓取のペアで変わらず。四天王寺ペアは松平のしゃがみ込みサービスからの攻撃、ラリーでの決定力などの点で希望が丘ペアを上回り2-0とリード。希望が丘ペアは踏ん張りを見せて1ゲームを返すが、安定感のある四天王寺ペアが第4ゲームを取り返して3-1とし決勝進出を決めた。
希望が丘は地元の声援を背に2年連続の決勝進出、そして初優勝を目指したが、昨年2回戦敗退の雪辱を果たし王座奪還に臨む四天王寺に行く手を阻まれた。



卓レポ.comでは本サイトのほかにツイッター(http://www.twitter.com/takurepo/)でもリアルタイムの情報を配信しています。是非ご覧ください。


試合の詳細な記録は下記サイトをご覧ください。
平成25年度全国高等学校総合体育大会:http://www.fukuoka-koutairen.com/2013ih/
全国高等学校体育連盟卓球専門部:http://www.koutairen-tt.net/

今大会の模様は卓球レポート9月号(8/20発売)、および10月号(9/20発売)に掲載。