大会報道

北九州インターハイ最終日① 男女シングルス準々決勝 ベスト4が決定

2013.08.02

<インターハイ>

平成25年7月28日〜8月2日、北九州市立総合体育館にて第82回全国高等学校選手権大会が開催されている。大会最終日の今日は男女シングルスの準々決勝から決勝までが行われる。ベスト8入りを決めた実力者たちが高校生日本一を目指して争う。

 

20130517-23.jpg及川は定松をストレートで圧倒

20130517-23.jpg佐藤はジュニア王者の松平を倒してベスト4入り
 

<男子シングルス準々決勝>
森薗(青森山田) 4-1 堀(明徳義塾)
渡辺(明徳義塾) 4-2 松下(愛工大名電)
田添健(希望が丘) 4-2 吉村(野田学園)
及川(青森山田) 4-0 定松(希望が丘)

森薗は堀のワイドな攻めによく動いて反撃。1ゲーム目を奪われるも、最後まで攻めの姿勢を崩さずに4ゲームを連取。
渡辺と松下は壮絶な打ち合いとなったが、松下の決定打にミスが出て安定感で勝る渡辺が初のベスト4入りを決めた。
田添健汰と吉村はともに一発で抜けるボールの持ち主。レベルの高い内容のゲームとなったが、最後は吉村の集中力が切れた。
及川は前陣で攻め立てて定松を圧倒。ストレートで快勝してベスト4入りを果たした。

<女子シングルス準々決勝>
阿部(四天王寺) 4-3 山本(青森山田)
森(昇陽) 4-2 宋(青森山田)
佐藤(札幌大谷) 4-1 松平(四天王寺)
加藤知(県岐阜商業) 4-0 徳永(希望が丘)

5回戦で前田を破る金星を飾った山本はコース取りの厳しい連続攻撃で3-2とリードするが、異質型の阿部のバックハンド攻撃に手を焼き逆転負け。
森はパンチ力のある両ハンドで宋のフォア側を攻めて3-0とリードするが、宋も連続攻撃で反撃。攻撃力で勝る森が押し切って4-2で勝利。
松平は丁寧なカット打ちで佐藤のミスの少ないカットに応戦し第1ゲームを奪ったが、要所で強打にミスが出て、落ち着いたプレーの佐藤がジュニア女王を破ってベスト4入り。
加藤はラリー巧者の徳永を両ハンド強打で圧倒。ブロック力の高い徳永を打ち崩した。
 



卓レポ.comでは本サイトのほかにツイッター(http://www.twitter.com/takurepo/)でもリアルタイムの情報を配信しています。是非ご覧ください。


試合の詳細な記録は下記サイトをご覧ください。
平成25年度全国高等学校総合体育大会:http://www.fukuoka-koutairen.com/2013ih/
全国高等学校体育連盟卓球専門部:http://www.koutairen-tt.net/

今大会の模様は卓球レポート9月号(8/20発売)、および10月号(9/20発売)に掲載。