大会報道

北九州インターハイ5日目④ 男子学校対抗決勝 希望が丘が初優勝

2013.08.01

<インターハイ>

平成25年7月28日〜8月2日、北九州市立総合体育館にて第82回全国高等学校選手権大会が開催されている。大会5日目、男女学校対抗の決勝が行われた。男子は9連覇を目指す青森山田を地元福岡の希望が丘が大熱戦の末に破り初優勝を飾った。
 

20130517-23.jpg希望が丘が地元福岡県で初優勝を飾る

20130517-23.jpg田添響は及川に逆転勝ちで貴重な先制点

20130517-23.jpg森薗はラブオールからエンジン全開でエース対決を制す
 
20130517-23.jpg森薗・三部は男子ダブルスのリベンジを果たした
 
20130517-23.jpg定松は思いきりのいい攻撃で坪井を圧倒
 
20130517-23.jpg大熱戦の末に上村が三部を倒して希望が丘が優勝を決めた
 
 希望が丘 3−2 青森山田
○田添響 -8,-9,9,12,10 及川
 田添健 -1,-7,-7 森薗○
 田添健/上村 -9,-6,-12 森薗/三部○
○定松 5,7,9 坪井 
○上村 9,-9,-9,8,8 三部

トップバッターは青森山田の1年生及川と希望が丘は田添の対戦。田添は準決勝でも野田学園の平野を破って貴重な1点を挙げたが、ここでもすばらしい働きをした。序盤は安定感で勝る及川が思い切りはいいがミスも多い田添のプレーを上回ったが、第3ゲームから中陣からのラリーで田添の鋭いバックハンドが決まり及川は防戦に。第5ゲームは前陣でしのぐ及川が10-9とマッチポイントを握ったが、ここから田添が思いきりのいいチキータレシーブを決めて同点に。さらに2点を連取して逆転勝ちを決めた。

2番はエース対決の田添対森薗。森薗はラブオールから気合いの入った様子で、プレーも全開。下がらずに前陣で連続攻撃を仕掛けて田添を圧倒。エンジンがかかるのが遅れた田添も少し距離を取って応戦するが、森薗の勢いを止められずストレート負け。青森山田は1対1のタイに戻した。

3番のダブルスは昨日の男子ダブルス決勝で行われたカードと同じ組み合わせ。男子ダブルスでは希望が丘ペアが3対1で勝っているが、ここでは青森山田ペアがリベンジを果たした。青森山田ペアはラリーに強い希望が丘ペアにつきあわずに下がらずに攻撃、相手のドライブにタイしても前陣で
ブロック、カウンターし、終始自分たちの間合いで勝負を決めた。青森山田が2対1と9連覇に王手をかけた。

4番は全中王者の坪井と定松の対戦。サウスポーの坪井はミスが少なくよく動けていたが、定松のコースの厳しい振り切る両ハンドドライブには応戦できず。体格差、パワーの差に押される形で坪井は流れを変えられないままストレート負け。勝負はラストに持ち越された。

ラストは全中王者の三部対上村の対戦。ここでもやはり安定感の青森山田とパワーの希望が丘の勝負になった。三部はサウスポーの上村のボールに手を焼くが、中陣から応戦。第1ゲームを奪われるも、第2第3ゲームは上村のフォア側をうまく攻めて2対1と王手。しかし、上村も地元の声援を背に攻撃の手を緩めずに両ハンドドライブで三部を振り回す。第5ゲームは点差が2点と開かないクロスゲームになるが8オールから三部が2失点。三部のラケットが上村のドライブをはじいて長い勝負に決着がついた。希望が丘は初優勝。上村をはじめ、ベンチの選手たちも観客席からの声援に涙を流すことをためらわなかった。一方、青森山田の選手たちは悔し涙にくれたが、森薗以外は1,2年生のチーム。来年以降の巻き返しをはかってくれることだろう。

 
 

卓レポ.comでは本サイトのほかにツイッター(http://www.twitter.com/takurepo/)でもリアルタイムの情報を配信しています。是非ご覧ください。


試合の詳細な記録は下記サイトをご覧ください。
平成25年度全国高等学校総合体育大会:http://www.fukuoka-koutairen.com/2013ih/
全国高等学校体育連盟卓球専門部:http://www.koutairen-tt.net/

今大会の模様は卓球レポート9月号(8/20発売)、および10月号(9/20発売)に掲載。