大会報道

北九州インターハイ最終日④ 女子シングルス決勝 阿部が初優勝

2013.08.02

<インターハイ>

平成25年7月28日〜8月2日、北九州市立総合体育館にて第82回全国高等学校選手権大会が開催されている。女子シングルス決勝は異質攻撃型の阿部とカット主戦型の佐藤との対決となったが、阿部が佐藤のカットを見事に攻略し、初優勝を飾った。

 

20130517-23.jpg阿部は巧みなカット攻略で初優勝を飾った

20130517-23.jpgフォアスマッシュで佐藤のカットを打ち抜いた

20130517-23.jpg佐藤は1年生ながら安定のカットで決勝進出を果たした
 

阿部(四天王寺) 11-8、11-7、12-10、8-11、12-10 佐藤(札幌大谷)

第1ゲーム、阿部は佐藤のカットに対してカット打ちとツッツキでチャンスボールをスマッシュ。阿部はフォアのツッツキが短いので前後の揺さぶりも利き、11-8と阿部が先行。
第2ゲームは阿部のスマッシュミスが続き0-4と離されるが、阿部はツッツキのコース、長短をコントロールしてチャンスをつくり、フォアハンドスマッシュで攻めて逆転。
第3ゲームは佐藤が阿部のバック面のツッツキが浮くとすかさずスマッシュで攻めてリードする展開。中盤、スマッシュが連続できまった阿部が7-7に追いつき、9-7と逆転。しかし、ラリーからスマッシュミスが続きジュースに追いつかれる。レシーブがネットインして12-10で阿部が初優勝に王手。
第4ゲームは7-3と阿部が大きくリードしたところで勝ちを意識したか、ミスが続き佐藤が逆転。阿部は佐藤を大きくゆさぶるが最後の1球が決まらない。11-8で佐藤が1ゲームを返す。
第5ゲームは気を引き締め直した阿部と開き直って思い切りプレーする佐藤の点差のつかない展開となるが、6-6から阿部がスマッシュをミスして7-10とゲームポイントを握られる。しかしここであきらめない阿部が集中を切らさずに佐藤を追い上げジュースに。最後は阿部のスマッシュを後陣で返した佐藤のロビングが台を外し、阿部が初優勝を飾った。
 



卓レポ.comでは本サイトのほかにツイッター(http://www.twitter.com/takurepo/)でもリアルタイムの情報を配信しています。是非ご覧ください。


試合の詳細な記録は下記サイトをご覧ください。
平成25年度全国高等学校総合体育大会:http://www.fukuoka-koutairen.com/2013ih/
全国高等学校体育連盟卓球専門部:http://www.koutairen-tt.net/

今大会の模様は卓球レポート9月号(8/20発売)、および10月号(9/20発売)に掲載。