大会報道

第44回全国中学校大会3日目② 〜女子団体は四天王寺羽曳丘が10連覇〜

2013.08.19

<その他の国内大会>

8月17〜20日まで、岐阜メモリアルセンター(岐阜)で第44回全国中学校大会が開催さていれる。大会4日目は男女団体の1回戦〜準々決勝、男女シングルス1回戦に続き、男女団体の準決勝、決勝が行われた。女子は四天王寺羽曳丘中が3対0で明徳義塾中を下し10連覇を飾った。
 

20130517-23.jpg四天王寺羽曳丘中が10連覇の偉業を達成

20130517-23.jpgトップでエースの三條が快勝

20130517-23.jpg塩見真希がエース熊中を破る金星
 
20130517-23.jpg塩見紗希・梅村が決勝点を挙げた
 
20130517-23.jpg明徳義塾中は王座奪還ならず

女子団体決勝は全中3位の三條を筆頭に、守備力が高いカット主戦型の橋本、ホープス女王の塩見真希を新戦力に加え、優勝候補筆頭に挙げられていた四天王寺羽曳丘中がストレートで明徳義塾中を下し、圧倒的な強さで10連覇を達成するという快挙を成し遂げた。
トップで三條、2番の塩見真希が2台進行で行われる中、三條はカット主戦型の加藤を威力のあるフォアハンドで打ち抜きストレート勝ち、ホープス女王の塩見はラリー戦で明徳義塾中のエース熊中を圧倒し、こちらもストレートで勝利。あっという間に優勝に王手をかけた。
続くダブルスでもサウスポーの梅村がチャンスをつくり、塩見が決める抜群のコンビネーションで明徳義塾中の上田・井ペアにプレーをさせずに3対0で完勝。四天王寺羽曳丘中は準決勝から1ゲームも失わずに文句なしの10連覇を達成した。

3位には昨年2位からワンランクダウンしたものの2年連続の表彰台をキープした山陽女子中、1回戦から厳しい戦いを勝ち抜いた武蔵野中が入った。




 

今大会の詳細な情報は下記サイトをご覧ください。
第44回全中 卓球:http://gakuen.gifu-net.ed.jp/gifuken_chutairen/2013_zenchu/02_tabletennis/

今大会の模様は卓球レポート10月号(9/20発売)に掲載。