大会報道

第12回全中国運動会3日目 〜男子団体準々決勝、山東が敗れる〜

2013.09.04

<その他の国際大会>

9月1日〜10日まで、鞍山市奥体中心体育館(鞍山)にて第12回全中国運動会が開催されている。この大会は4年に1回、40種の競技の中国一が決められる大会だ。中国卓球界ではこの大会の位置づけは非常に高く、レベルの高い争いが繰り広げられている。大会3日目は男女団体の準々決勝までが行われベスト4が決まった。
 

20130517-23.jpg上海の許昕が張継科を破り準決勝進出を決めた

20130517-23.jpg張継科は精彩を欠いた。エースの2失点で山東は敗退
 
20130517-23.jpg解放軍の周雨は林高遠との若手対決を制す
 
20130517-23.jpg北京のエース馬龍は安定の強さを見せた
 

■男子団体準々決勝
北京 3−0 四川

解放軍 3−2 広東
天津 3−1 河北
上海 3−1 山東

団体戦は各省の代表がABC-XYZ方式で国内一を決める。異なる点はあるが、各都道府県が日本一を争う国体(国民体育大会)に近いものと考えていただくと想像しやすいだろう。
本日一番の熱戦が予想されたのが、張継科、方博らを擁する山東と王励勤、許昕らを擁する上海の戦い。しかし、始まってみると王励勤が張継科にあっさりとストレート勝ち。張継科はまるで身が入らない様子。2番では山東が方博を控えに回し登場した呉
颢が、許昕を破る金星を挙げて1対1に。3番は上海の尚坤が孔令軒をゲームオールで破って上海が王手。4番は張継科と許昕の戦いに注目が集まったが、ここでも張継科があっさり敗れ優勝候補の一角、山東が崩れた。
4年前に優勝している解放軍は王皓、樊振東、周雨というベテランと若手のメンバーで、馬琳、林高遠、張超の広東を3対2で破った。序盤は馬琳が周雨に敗れ、王皓が林高遠に敗れ、両チームとも若手が金星を挙げて1対1に。3番は樊振東が張超をくだし解放軍が王手。しかし4番で、王皓がマッチポイントを数度にわたって握りながらも馬琳に逆転負けを喫し、勝負はラストへ。最後はともに前半で金星を挙げた若手対決となったが、ボールの威力で勝る周雨が林高遠を圧倒。解放軍が2連覇に一歩近づいた。
天津はエース郝帥が2点を挙げる活躍でベスト4入り。
馬龍、閻安を擁する北京も危なげなく準決勝へ勝ち上がった。
北京対解放軍、天津対上海の準決勝は9月4日午後7時からスタート(日本との時差はマイナス1時間)。

■女子団体準々決勝
山西 3−2 遼寧
四川 3−2 河南
山東 3−0 解放軍
北京 3−1 江蘇

女子は李暁霞、陳夢の山東の強さが頭1つぬけでているだろうか。
山西対四川、山東対北京の準決勝は9月4日午後3時からスタート。

卓レポ.comでは連日の熱戦の様子を最終日の9月10日までお届けします!


 

今大会の詳細な情報は下記サイトをご覧ください。
中華人民共和国第12届運動会(記録ページ):http://results.liaoning2013.com.cn/Info2013/html/zh-cn/pages/CRS/DisciplineResult.htm?DisciplineCode=TT&DisciplineID=31

今大会の模様は卓球レポート11月号(10/20発売)に掲載。