大会報道

第12回全中国運動会4日目① 〜女子団体準決勝、山東と山西が決勝へ〜

2013.09.04

<その他の国際大会>

9月1日〜10日まで、鞍山市奥体中心体育館(鞍山)にて第12回全中国運動会が開催されている。この大会は4年に1回、40種の競技の中国一が決められる大会だ。中国卓球界ではこの大会の位置づけは非常に高く、レベルの高い争いが繰り広げられている。大会4日目は男女団体の準決勝が行われ、女子は山東省と山西省が決勝へ進出した。
 

20130517-23.jpgエース李暁霞は郭炎と丁寧を破り決勝進出を決めた

20130517-23.jpg要の3番で重責を果たした顧玉婷
 
20130517-23.jpg丁寧のプレーは精彩を欠いた
 

■女子団体準決勝
 山東 3−0 北京
 陳夢 -7,-3,9,-7 丁寧○
○李暁霞 12,10,-9,1 郭炎
○顧玉婷 8,6,7 盛丹丹
○李暁霞 5,7,9 丁寧
 陳夢 - 郭炎


女子準決勝は事実上の決勝と言っても過言ではない対戦となった。トップは北京の丁寧が粘り強いプレーで陳夢を3対1で破り先制。
続く李暁霞と郭炎の対戦は激しいラリーの応酬が続く互角の勝負となったが、第1、第2ゲームとジュースを制した李暁霞が素早い回り込みと鋭いフォアハンド攻撃を見せて勢いに乗った。
3番は持ち前のフィジカルに加えて、両ハンドの威力を増してきた顧玉婷が盛丹丹を圧倒。
4番は李暁霞と丁寧のエース対決。動きが切れを増していく李暁霞に対して、丁寧の動きは精彩を欠き、李暁霞がストレートで勝利。4連覇を目指した北京だが、世界チャンピオン李暁霞に行く手を阻まれた。


 

20130517-23.jpg李暁丹がラストで決めた

20130517-23.jpg朱雨玲は2点を挙げるもチームは勝利ならず
 


■女子団体準決勝
 山西 3−2 四川
○武楊 5,-8,11,6 李茜
 李暁丹 -7,11,-8,10,-9 朱雨玲○
○楊飛飛 8,9,7 聂維
 武楊 -3,-9,-9 朱雨玲○
○李暁丹 8,-9,6,7 李茜

武楊擁する山西は準々決勝で地元遼寧を破って準決勝進出を果たした。対する四川はエース朱雨玲が2点取らなければチームが勝利を挙げることは難しい。
トップは武楊が守備範囲の広いカットで李茜を退けて先制。
2番は李暁丹が打球点の早いバックハンドで朱雨玲を追い詰めるがわずかに及ばずゲームオールで敗れ1対1に。
3番はパワーと安定感で上回る楊飛飛が
聂維を破り、山西が王手。
しかし、4番朱雨玲は安定したカット打ちとフォアハンド強打で
武楊をストレートでくだしタイに。
最後は、好調の李暁丹が前陣両ハンド攻撃で李茜を破り、山西が決勝進出を決めた。


卓レポ.comでは連日の熱戦の様子を最終日の9月10日までお届けします!


今大会の詳細な情報は下記サイトをご覧ください。
中華人民共和国第12届運動会(記録ページ):http://results.liaoning2013.com.cn/Info2013/html/zh-cn/pages/CRS/DisciplineResult.htm?DisciplineCode=TT&DisciplineID=31


今大会の模様は卓球レポート11月号(10/20発売)に掲載。