大会報道

第12回全中国運動会7日目① 〜女子単ベスト8が決まる〜

2013.09.07

<その他の国際大会>

9月1日〜10日まで、鞍山市奥体中心体育館(鞍山)にて第12回全中国運動会が開催されている。この大会は4年に1回、40種の競技の中国一が決められる大会だ。中国卓球界ではこの大会の位置づけは非常に高く、レベルの高い争いが繰り広げられている。大会7日目は男女シングルスの3回戦、男女ダブルス1回戦、混合ダブルス準決勝〜決勝が行われる。女子シングルスは全試合を終えベスト8が出そろった。
 

ペン粒高の周昕彤がベスト8入り

丁寧は車暁㬢のパワーに苦戦
 
郭炎はベテランらしい粘りを見せて顧玉婷を振り切った
 
劉詩雯は前陣ラリーで顧若辰に力の差を見せた
 

■女子シングルス3回戦
丁寧(北京) 5,-8,13,-10,6,9 車暁㬢(黒竜江)
陳夢(山東) -9,7,6,5,-8,-9,7 劉斐(江蘇)
文佳(遼寧) 5,7,6,9 熊昕芸(広西)
周昕彤(解放軍) 7,9,8,9 胡麗梅(河北)
李暁霞(山東) 4,3,7,3 薛絲雨(上海)
武楊(山西) -7,6,-9,4,7,4 趙岩(江蘇)
郭炎(北京) -10,6,6,-10,4,-10,3 顧玉婷(北京)
劉詩雯(広東) 5,-8,3,-10,6,8 顧若辰(雲南)

女子シングルスは2回戦で朱雨玲を破った胡麗梅がペン粒高攻守型の周昕彤にストレートで敗れ、ベスト8入りはならなかった。

李暁霞はサウスポーの薛絲雨に余裕を見せてストレート勝ち。
丁寧はパワーのある車暁㬢とのラリー戦で苦しむ場面も見られたが、落ち着いたプレーで荒削りな車暁㬢を退けた。
郭炎は顧玉婷にリードされる苦しい展開の中、ベテランの粘りでラリー戦を制してベスト8入り。
劉詩雯はも若手顧若辰の挑戦を退けて準々決勝に駒を進めた。
ナショナルチーム同士の対戦になると多少の実力差があっても一方的に終わる試合は少ない。そんな中、きっちりナショナルチーム1軍のメンバーがベスト8入りを果たしている。

 


卓レポ.comでは連日の熱戦の様子を最終日の9月10日までお届けします!


今大会の詳細な情報は下記サイトをご覧ください。
中華人民共和国第12届運動会(記録ページ):http://results.liaoning2013.com.cn/Info2013/html/zh-cn/pages/CRS/DisciplineResult.htm?DisciplineCode=TT&DisciplineID=31

 


今大会の模様は卓球レポート11月号(10/20発売)に掲載。