大会報道

第12回全中国運動会9日目② 〜男子単、樊振東が張継科を破る〜

2013.09.09

<その他の国際大会>

9月1日〜10日まで、鞍山市奥体中心体育館(鞍山)にて第12回全中国運動会が開催されている。大会9日目は、男女シングルスの準々決勝〜準決勝と男女ダブルスの決勝が行われる。男子シングルスは準々決勝を終え、ベスト4が出そろった。
 

樊振東、鞍山でパリの借りを返す

両ハンド攻撃の威力はもはやトップクラス
 
張継科も挽回を期待させたが……
 
馬龍は王励勤に引導を渡すフォアハンドドライブ

王皓は馬琳を倒した若手崔慶磊の挑戦を跳ね返した
 
大会終盤で調子を上げてきた許昕
 

■男子シングルス準々決勝
王皓(解放軍) 8,-5,4,7,-10,4 崔慶磊(河北)
馬龍(北京) -9,7,4,6,8 王励勤(上海)
樊振東(解放軍)8,8,-4,8,-8,8 張継科(山東)
許昕(上海) 8,-7,6,-6,-5,5,7 閻安(北京)

3回戦で馬琳を破った崔慶磊は思い切った攻撃で王皓を苦しめたが、安定感で勝る王皓が勝負所でポイントを重ね、4対2で勝利。

馬龍は先にフォアハンドで積極的に攻めて、守備の堅い王励勤を撃破。今大会限りで引退を表明している王励勤は、自分から攻める場面が少なく、受けに回ってしまった。

パリ大会では完膚なきまでに張継科にたたきのめされた樊振東が早くもリベンジを達成。パワフルな両ハンド攻撃に加え、張継科のボールにもブロック、少しでも甘いボールにはカウンターで対応。張継科が盛り返すかと思われたが、最後まで勝ちを意識せずに攻め続けた樊振東が金星を挙げた。

許昕対閻安は両者の持ち味が出た好ゲームとなった。フットワークを使って打球点を下げてもフォアハンドで攻める許昕に対して、閻安は前陣でカウンターを狙い、許昕を左右に揺さぶる。ゲームは3対2と閻安が先に王手をかけたが、大会序盤に比べて動きに切れが増してきた許昕が逆転勝利を収めた。



卓レポ.comでは連日の熱戦の様子を最終日の9月10日までお届けします!

今大会の詳細な情報は下記サイトをご覧ください。
中華人民共和国第12届運動会(記録ページ):http://results.liaoning2013.com.cn/Info2013/html/zh-cn/pages/CRS/DisciplineResult.htm?DisciplineCode=TT&DisciplineID=31

今大会の模様は卓球レポート11月号(10/20発売)に掲載。