大会報道

第12回全中国運動会9日目① 〜女子単、ベスト4が出そろう〜

2013.09.09

<その他の国際大会>

9月1日〜10日まで、鞍山市奥体中心体育館(鞍山)にて第12回全中国運動会が開催されている。大会9日目は、男女シングルスの準々決勝〜準決勝と男女ダブルスの決勝が行われる。女子シングルスは準々決勝を終え、ベスト4が出そろった。
 

陳夢が丁寧との死闘を勝ち抜いた

丁寧は痛みと闘いながらも陳夢を追い詰めた
 
文佳は周昕彤のツブ高の変化を完璧に攻略
 
劉詩雯が郭炎とのラリー戦を制する
 
カット打ちには定評のある李暁霞が武楊を撃破
 

■女子シングルス準々決勝
文佳(遼寧) 3,3,1,7 周昕彤(解放軍)
陳夢(山東) 4,1,5,-8,-9,-10,11 丁寧(北京)
李暁霞(山東) -10,8,7,3,7 武楊(山西)
劉詩雯(広東) 8,-5,-3,2,4,-13,5 郭炎(北京)

朱雨玲(四川)が胡麗梅(河北)に敗れた混戦ブロックを勝ち上がってきたペン粒高の周昕彤だが、さすがに正統的な攻撃型の実力者には歯が立たなかった。文佳は粒高の変化にも完璧に対応し、全球攻撃。圧倒的な内容でベスト4入りを果たした。

団体戦で丁寧に敗れている陳夢は、序盤から強気の攻めで丁寧を圧倒。バック側に深く差し込まれたボールにもクロスに鋭くカウンターを放つなどナイスプレーを連発。しかし第4ゲームから息を吹き返した丁寧が回り込んでフォアハンドでバックストレートに攻撃。これでラリーのリズムが変わると丁寧が2ゲームを連取。しかし、第6ゲーム、7-6とリードしたところで丁寧が左足を負傷。テーピングをして試合を続行し、踏ん張りが利かないながらも意地のプレーでジュースを制し3対3に。第7ゲームは死力を振り絞ってプレーする丁寧に陳夢は気圧され気味。しかし、最後は両サイドに深いボールを決めた陳夢が熱戦に幕を閉じた。

李暁霞は団体戦でも勝っている武楊と対戦。序盤はボールが合わずにカット打ちでミスを繰り返したが、2ゲーム目からは完全に李暁霞ペースで4ゲームを連取して準決勝進出を決めた。

劉詩雯は郭炎との激しいラリー戦に打ち勝った。郭炎は第6ゲームでマッチポイントをしのいだが、劉詩雯の粘り強い前陣両ハンド攻撃に屈した。

準決勝は、文佳対陳夢、李暁霞対劉詩雯。



卓レポ.comでは連日の熱戦の様子を最終日の9月10日までお届けします!

今大会の詳細な情報は下記サイトをご覧ください。
中華人民共和国第12届運動会(記録ページ):http://results.liaoning2013.com.cn/Info2013/html/zh-cn/pages/CRS/DisciplineResult.htm?DisciplineCode=TT&DisciplineID=31

今大会の模様は卓球レポート11月号(10/20発売)に掲載。