大会報道

第12回全中国運動会最終日① 〜女子単、李暁霞が初優勝〜

2013.09.10

<その他の国際大会>

9月1日〜10日まで、鞍山市奥体中心体育館(鞍山)にて第12回全中国運動会が開催されている。大会最終日は男女シングルスの順位決定戦と決勝が行われた。女子シングルスは李暁霞が陳夢との山東省勢対決を制して初優勝を飾った。
 

李暁霞、またしてもビッグタイトルを獲得

競り合いを制して後輩の陳夢を退けた
 
李暁霞は回転量の多い両ハンドドライブでチャンスメーク
 
陳夢もバック対バックのラリーでは互角の戦いを見せた


■女子シングルス決勝
李暁霞(山東) -5,7,5,-9,7,-6,6 陳夢(山東)

決勝は、準決勝で劉詩雯を一蹴した李暁霞と、丁寧、文佳との激しいラリー戦をフルゲームの熱戦の末に制して決勝まで勝ち上がってきた陳夢の同士打ち対決。パリ大会では4回戦で李暁霞がストレートで勝っている。
序盤は両者とも準決勝とは打って変わって相手の様子を見ながらの静かな立ち上がり。第1ゲームは陳夢が緩急をつけたバックハンドで5-1とリード。李暁霞は自分から攻めずに、まだ動きを見せない。バックハンドでコースを散らした陳夢がリードをキープして先制。
第2ゲームは陳夢がバックハンドで先手を取りチャンスを握るが決めきれず。李暁霞も徐々に調子を上げてきた様子だが、まだ打ち合いにはならない。
第4ゲーム、ようやく李暁霞が先にフォアハンドで攻める場面が増えてきた。陳夢はミドルを攻めて4-2とリード。しかし、少しでもコースが甘くなると李暁霞の強烈なフォアハンドでフォアクロスに狙い打たれる。陳夢はこのボールに対応しきれない。しかし、バック対バックのラリーで互角以上の強さを見せた陳夢が逃げ切り11-9。
第5ゲーム、李暁霞が5-1リード。李暁霞のフォア前、ミドル前に集めたサービスを陳夢はバック側に返せず得意のバック対バックの展開に持ち込めず3対2で李暁霞が王手。
第6ゲームは、李暁霞のフォアハンドを警戒して慎重にミドルを攻める陳夢が7-1とリード。李暁霞は勝ちを意識したのか、堅くなってミスが出てこのゲームを陳夢が取り勝負は最終ゲームに。
第7ゲーム、李暁霞は回り込んでフォアをバッククロスにノータッチを見せるなどいよいよ本調子の様子。李暁霞リードの5-3で陳夢がタイムアウト。李暁霞はフォアハンドで得点を重ね、リードを縮めさせず陳夢の夢を打ち砕いた。
開催地鞍山生まれの李暁霞が、中国国内一のビッグタイトルを手にして故郷に錦を飾った。



卓レポ.comでは連日の熱戦の様子を最終日の9月10日までお届けします!

今大会の詳細な情報は下記サイトをご覧ください。
中華人民共和国第12届運動会(記録ページ):http://results.liaoning2013.com.cn/Info2013/html/zh-cn/pages/CRS/DisciplineResult.htm?DisciplineCode=TT&DisciplineID=31

今大会の模様は卓球レポート11月号(10/20発売)に掲載。