大会報道

2013年世界ジュニア選手権ラバト大会3日目② 日本女子、ドイツを破り準決勝へ

2013.12.03

<世界ジュニア選手権大会>

12月1〜8日、ラバト(モロッコ)で開催されている第11回世界ジュニア選手権大会の3日目、女子団体準々決勝が行われた。日本はドイツに完勝してベスト4入り、準決勝で香港と対戦する。


平野は気負いを感じさせないのびのびとしたプレーを見せた

伊藤は苦しみながらもストレートで勝利

3番、森が圧倒的な攻撃力で存在感を見せた

中国も危なげなくベスト4入り(写真は劉高陽)


■女子団体準々決勝
 日本 3-0 ドイツ
○平野 6,7,6 ワン
○伊藤 8,11,8 クラフト
○森 8,4,4 マンツ

日本女子は決勝トーナメント準々決勝で
ドイツと対戦。トップで登場した平野はサービスからの展開で優勢に立ちリード。前陣のラリーでもワンに差をつけ危なげなくストレート勝ち。
伊藤はクラフトのパワーのある両ハンドドライブに苦しめられながらも、サービス・レシーブで先手を取り、勝負どころではきっちりと得点を決め3対0で勝利。
3番、森はガッツを前面に出したプレーでマンツを圧倒。アグレッシブなチキータレシーブで先手を取り、ドライブ連打でラリーを支配。日本最年長選手の存在感をアピールした。

この他の結果は
中国 3-0 台湾
ルーマニア 3-2 アメリカ
香港 3-1 韓国

中国は、顧玉婷、劉高陽、劉曦が危なげなく台湾を下し準決勝へ。ルーマニアはシンとのエース対決を制したスッチが2点を挙げてベスト4入り。香港はエースのドゥ・ホイケンが落ち着いた試合運びで2点取りし、韓国を下した。準決勝、中国対ルーマニア、日本対香港(現地時間16時、日本時間4日午前1時開始)。



日本卓球協会:http://www.jtta.or.jp
国際卓球連盟(ITTF):http://www.ittf.com