大会報道

2013年世界ジュニア選手権ラバト大会3日目④ 日本女子、香港との熱戦を制し決勝へ

2013.12.04

<世界ジュニア選手権大会>

12月1〜8日、ラバト(モロッコ)で開催されている第11回世界ジュニア選手権大会の3日目、女子団体準決勝が行われた。日本は熱戦の末に香港を3対2で破り決勝へ。ルーマニアを破った中国と明日、決勝の舞台で対戦する。


ラストで平野が決勝進出を決めた

森はパワフルな連続攻撃で要の3番を制した

トップでゲームオールジュースのラリー戦を勝ちきった伊藤

香港のエース、ドゥ・ホイケンは日本から2点取りの活躍

中国はルーマニアに付け入るすきをあたえず


■女子団体準決勝
 日本 3-2 香港
○伊藤 7,-7,4,-6,12 スー・ワイヤン
 平野 -8,-8,-3 ドゥ・ホイケン○
○森 10,3,3 ラム・イーロク
 伊藤 -8,-3,-10 ドゥ・ホイケン○
○平野 14,-9,8,-10,7 スー・ワイヤン

日本女子は準決勝で香港と対戦。
トップの伊藤は無理に攻めない慎重な立ち上がりで、ラリーでミスの少ないスー・ワイヤンと互角の展開。ゲームを取り合う両者譲らぬ展開で勝負は第5ゲームへ。ゲームオールジュースの接戦を、タフな精神力で乗り切った伊藤が制し日本が貴重な先制点。
2番は平野がエースのドゥ・ホイケンと対決。ドゥ・ホイケンは昨年の世界ジュニアでも日本から団体戦で2点を奪った強敵だ。中陣で落ち着いてプレーするドゥを、平野は攻めきれずにあえなくストレート負け。
3番は森が、1ゲーム目こそ競ったものの6-10からあきらめない気合いのこもったプレーで逆転勝ちを収めると、第2ゲームからは圧倒的な攻撃力を見せて香港の3番手を引き離し、要の3番を押さえて後半につないだ。
4番は伊藤とドゥ・ホイケンの対戦。ゆるいチキータレシーブや中陣からの回転量の多いドライブで徐々にリズムを自分のペースにしていったドゥ・ホイケンの術中にはまり、伊藤は無理して攻めさせられる展開に。第3ゲームはマッチポイントをしのいでジュースになるが
伊藤のスマッシュがネットにかかり、香港のエースにまたしても2点取りを許してしまった。
5番は、ラリーで粘り強さを見せたスー・ワイヤンと平野の対戦。平野は第1ゲームの競り合いをものにするも、平野の連続攻撃にも食らいついてくるスー・ワイヤンに手を焼き互角の展開。第4ゲームでも好ラリーを見せ、マッチポイントを握ったところで、日本はスー・ワイヤンのサービスがウェアに触れたと主張するが認められず、このゲームを落としてしまう。第5ゲームは集中力の高いプレーで相手を振り切り、13歳の平野が日本を決勝へと導いた。

 中国 3-0 ルーマニア

○顧玉婷 8,6,5 ディアコヌ
○劉高陽 9,2,5 チオバヌ
○王曼昱 5,4,4 バリント

準々決勝でアメリカとの熱戦を制してベスト4入りを果たしたルーマニアは、エースのスッチを外して中国に挑むという意外なオーダー。中国はエースの顧玉婷と2番手の劉高陽を2点使いという本気のオーダーで1ゲームも落とさずに決勝進出を決めた。
決勝の日本対中国は4日16時(日本時間25時)スタート。

日本卓球協会:http://www.jtta.or.jp
国際卓球連盟(ITTF):http://www.ittf.com