大会報道

2013年世界ジュニア選手権ラバト大会4日目① 混合複、日本ペアは2回戦突破

2013.12.04

<世界ジュニア選手権大会>

12月1〜8日、ラバト(モロッコ)で開催されている第11回世界ジュニア選手権大会の4日目、団体の決勝にさきがけて混合ダブルスの予選トーナメント〜2回戦が開催された。日本からは酒井・森、三部・加藤の2ペアが出場し、3回戦に駒を進めた。


三部・加藤は快調な滑り出し

酒井・森は接戦を制して3回戦へ


■混合ダブルス1回戦(日本選手のみ)
酒井・森 8,-10,10,1 バチオッキ・マルカティ(イタリア・クロアチア)

三部・加藤 10,3,9 マグディ・ヘルミ(エジプト)

■混合ダブルス2回戦(日本選手のみ)
酒井・森 -7,5,7,-7,6 ザトウカ・バヨール(ポーランド)
三部・加藤 3,9,2 黄建都・方思涵(台湾)

日本からは2ペアが出場。酒井・森は1回戦で国際ペアと対戦。酒井のチキータレシーブ、しゃがみ込みサービスからの攻撃で得点を重ね、徐々に流れをつかんで初戦を突破。ポーランドペアと対戦した2回戦では、大きなラリーでは日本ペアに不利な展開になるが、最終ゲームは両者の攻撃が決まり、ベスト16入りを決めた。
三部・加藤は1,2回戦ともストレート勝ちと好調なスタート。団体戦で起用されていない加藤は今大会初の試合となったが、快調な出足を見せた。

■混合ダブルス3回戦
6日20:50〜 酒井・森 対 周愷・王曼昱(中国)
6日20:50〜 三部・加藤 対 朴燦赫・李ダソム(韓国)


日本卓球協会:http://www.jtta.or.jp
国際卓球連盟(ITTF):http://www.ittf.com