大会報道

2013年世界ジュニア選手権ラバト大会6日目② 女子単、日本勢は全員1回戦突破

2013.12.07

<世界ジュニア選手権大会>

12月1〜8日、ラバト(モロッコ)で開催されている第11回世界ジュニア選手権大会の6日目、女子シングルスの予選リーグ、男女ダブルスの予選リーグに続き、男女シングルス1回戦、男女ダブルス1〜2回戦、混合ダブルス3回戦(ベスト8決定)が行われる。女子シングルスは日本選手4名が初戦を突破し2回戦に駒を進めた。

加藤は攻守にわたって多彩な技を見せた

加藤は今大会初のシングルス勝利に安堵の笑顔

伊藤は決定力の高いフォアハンドでカットを攻略

森は気迫のこもった両ハンド連打で圧倒

平野は得意の前陣高速ラリーでストレート勝ち


■女子シングルス1回戦(日本選手関係)
伊藤 4,6,6,8 マラニナ(ロシア)
森 7,4,3,3 トマノフスカ(チェコ)
加藤 7,-9,11,3,9 シャスラン(フランス)
平野 3,10,4,6 ウォン・チュンティン(香港)

女子シングルス1回戦、日本勢は4選手が無事2回戦へと駒を進めた。
伊藤はロシアのカット主戦型マラニナと対戦。チャンスボールをすかさずフォアハンド強打で攻めてストレート勝ち。2回戦でチオバヌ(ルーマニア)と対戦。
森はラリーから決定力の高いフォアハンド攻撃でトマノフスカを危なげなく退けた。2回戦でウー(アメリカ)と対戦。
この1回戦が初のシングルスの試合となった加藤は、序盤硬さからプレーが単調になったが、しゃがみ込みサービスからの攻撃、横回転ツッツキ「ミユータ」、落ち着いたブロックなど持ち前の多彩さで1-1から3ゲームを連取し初勝利を飾った。2回戦でA.ムケルジー(インド)と対戦。
平野は得意の前陣高速ラリーでウォン・チュンティンを圧倒。2回戦でベルホ(フランス)と対戦。


日本卓球協会:http://www.jtta.or.jp
国際卓球連盟(ITTF):http://www.ittf.com

今大会の模様は卓球レポート2月号に掲載します。