大会報道

2013年世界ジュニア選手権ラバト大会6日目③ 男女複、日本勢苦しいスタート

2013.12.07

<世界ジュニア選手権大会>

12月1〜8日、ラバト(モロッコ)で開催されている第11回世界ジュニア選手権大会の6日目、男子ダブルスでは森薗・三部の青森山田ペアが3回戦へ進出。一方、村松・酒井は1回戦で棄権。女子ダブルスでは、平野・伊藤の第2シードペアが1回戦敗退、加藤・森もアメリカペアに敗れ2回戦敗退という結果に終わった。
 

森薗・三部はアルゼンチンペアにストレート勝ち

平野・伊藤は初戦でインドの変則ペアに足下をすくわれた

加藤・森はアメリカペアに敗れ2回戦敗退


■男子ダブルス1回戦(以下日本選手関係)
ハン・ダリル/ウォン・チュンヒン(香港)
 棄権 村松・酒井
森薗・三部 8,4,7 ガルバノ・テンチ(アルゼンチン)

■男子ダブルス2回戦
森薗・三部 7,9,-9,10 エチェキ・スジータ(ハンガリー)

■女子ダブルス1回戦
加藤・森 3,9,5 バトラ・テニソン(インド)
A.ムケルジー・S.ムケルジー(インド) -6,11,9,1 平野・伊藤

■女子ダブルス2回戦
シン・リン(アメリカ) 7,-7,4,7 加藤・森

男子ダブルスは日本の2ペアは第1、第2シードと優勝の期待がかかる種目だが、第1シードの村松・酒井ペアが村松の故障のために棄権。香港ペアが2回戦に駒を進めたが、韓国ペアに敗れた。
青森山田高校のチームメイトでインターハイ準優勝の森薗・三部は1回戦でアルゼンチンペアを危なげなく下すと、2回戦ではパワーのあるハンガリーペアに台上技術、ラリーの精度で勝り3対1で勝利。準々決勝で表彰台をかけて張禹珍・朴燦赫(韓国)と戦う。

女子ダブルスはワールドツアー・ジュニアサーキットで優勝の経験もある第2シードの平野・伊藤が、アンチラバーとツブ高ラバーという変則的な異質型のA.ムケルジーのいるインドペアに攪乱され、あえなく初戦敗退となった。
加藤・森も1回戦でインドの変則ペアとの対戦となったが、高い攻撃力でストレート勝ち。しかし、2回戦ではアメリカペアのバックハンドサービスからの展開で失点を重ね、上位進出はならなかった。


日本卓球協会:http://www.jtta.or.jp
国際卓球連盟(ITTF):http://www.ittf.com

今大会の模様は卓球レポート2月号に掲載します。