大会報道

2013年世界ジュニア選手権ラバト大会6日目④ 混合複、酒井・森が中国ペアを撃破

2013.12.07

<世界ジュニア選手権大会>

12月1〜8日、ラバト(モロッコ)で開催されている第11回世界ジュニア選手権大会の6日目、混合ダブルス3回戦で日本の酒井・森が周愷・王曼昱の中国ペアを破りベスト8入りを果たした。三部・加藤は韓国ペアに敗れベスト16で敗退。このほか、優勝候補の梁靖崑・劉高陽がムッティ・ラコバッチの国際ペアに敗れ、中国は2ペアが姿を消した。
 

酒井・森、3回戦で中国ペアを破る快挙

酒井の思いきった速攻で逆転勝ちを収めた

三部・加藤はラリー力で上回る韓国ペアに敗れた

ムッティ・ラコバッチは優勝候補の中国ペアに快勝


■混合ダブルス3回戦(日本選手関係)
酒井・森 -11,7,6,-7,7 周愷・王曼昱(中国)
朴燦赫・李ダソム(韓国) 6,-10,7,9 三部・加藤


混合ダブルス3回戦(ベスト8決定)には日本から2ペアが進出。
酒井・森は早くも中国ペアとの対戦となったが、酒井のリスクを恐れない思い切ったカウンター攻撃で、堅実なプレーの中国ペアをかき乱し、最終ゲームへ。第5ゲームは酒井のミスが重なり0-5と大きくリードを許すが、ここから日本ペアがどとうの7連続得点で逆転。森の攻撃も決まり、
中国ペアは自分たちのプレーをさせてもらえずに3回戦敗退。男子シングルス・男子ダブルスで敗退した酒井は最後の種目に期待が高まる。明日のメダルがかかった準々決勝で林廷勲・鄭有美(韓国)と対戦する。
1,2回戦で1ゲームも落とさなかった三部・加藤はミスが少なくパワーもある韓国ペアとラリー戦となったが、決定力に欠けあえなく敗退となった。
このほか、梁靖崑・劉高陽(中国)の優勝候補ペアがムッティ・ラコバッチ(イタリア・クロアチア)の国際ペアに敗れた。チャンスメークのうまいサウスポーのムッティの活躍が目立つ試合となった。


日本卓球協会:http://www.jtta.or.jp
国際卓球連盟(ITTF):http://www.ittf.com

今大会の模様は卓球レポート2月号に掲載します。