大会報道

2013年世界ジュニア選手権ラバト大会7日目① 混合複、酒井・森が4強入り

2013.12.07

<世界ジュニア選手権大会>

12月1〜8日、ラバト(モロッコ)で開催されている第11回世界ジュニア選手権大会の7日目、混合ダブルス準々決勝決勝が行われた。日本からは3回戦で中国ペアを破った酒井・森が準々決勝に駒を進め、韓国ペアを激戦の末に破り、ベスト4入りを決めた。
 

酒井・森は1対3から逆転勝ちでベスト4入り

メダルを決め安堵の表情

ムッティ・ラコバッチの国際ペアも4強入り

第1シードの周啓豪・顧玉婷は危なげなく準決勝へ

孔令軒・劉曦も韓国ペアをストレートで破った


■混合ダブルス準々決勝
周啓豪・顧玉婷(中国) 7,5,4,7 チェン・チオバヌ(ポルトガル・ルーマニア)
酒井・森(日本) 5,-11,-9,-4,8,10,9 林廷勲・鄭有美(韓国)
孔令軒・劉曦(中国) 8,6,4,6 朴燦赫・李ダソム(韓国)
ムッティ・ラコバッチ(イタリア・クロアチア) 9,7,11,6 アングレ・ミゴ(フランス)


混合ダブルス準々決勝で、林廷勲・廷有美の韓国ペアと対戦した酒井・森。日本ペアは第1ゲームをアグレッシブな速攻で先取するも、第2ゲーム以降はミスが増え韓国ペアが3ゲームを連取。日本ペアは苦しみながらも攻め続けて、硬さの取れない韓国ペアに逆転勝ちを収めた。準決勝で第1シードの周啓豪・顧玉婷と激突する。
梁靖崑・劉高陽(中国)を破ったムッティ・ラコバッチ(イタリア・クロアチア)はアングレ・ミゴのフランスペアを破りうれしい4強入り。周啓豪・顧玉婷、孔令軒・劉曦ら中国ペアも危なげなくベスト4入りを決めた。


日本卓球協会:http://www.jtta.or.jp
国際卓球連盟(ITTF):http://www.ittf.com

今大会の模様は卓球レポート2月号に掲載します。