大会報道

2013年世界ジュニア選手権ラバト大会7日目② 女子単、伊藤が8強入り

2013.12.07

<世界ジュニア選手権大会>

12月1〜8日、ラバト(モロッコ)で開催されている第11回世界ジュニア選手権大会の7日目、女子シングルスの2〜3回戦が行われ、伊藤がチオバヌ、バトラを破ってベスト8入りを決めた。森、平野は健闘したが、ともに中国選手に敗れベスト16で敗退となった。
 

伊藤は対応力の高さを見せてベスト8入り

森は劉曦とのラリー勝負で敗れた

平野は劉高陽から1ゲームを奪う健闘

加藤は変則卓球を攻略できず


■女子シングルス2回戦(以下日本選手関係)
伊藤 -5,8,9,3,6 チオバヌ(ルーマニア)
森 1,3,8,3 ウー(アメリカ)
A.ムケルジー(インド) -6,6,-5,0,7,7 加藤
平野 5,9,8,5 ベルホ(フランス)

■女子シングルス3回戦
伊藤 4,5,5,5 バトラ(インド)
劉曦(中国) 7,8,-6,3,11 森
劉高陽(中国) 3,-5,6,6,3 平野


伊藤は2回戦でブロックの固いチオバヌをコースを突いたクレバーな戦いで攻略。続く3回戦では異質攻守型のバトラを両ハンド強打で難なく打ち抜きベスト8入りを決めた。4回戦で団体戦で敗れている第1シードの顧玉婷と対戦する。
森は迫力満点の両ハンドドライブでウーを圧倒して3回戦に駒を進めると、劉曦と対戦。バック対バックのラリーから決定力の高いフォアハンド攻撃で1ゲームをもぎ取るが、安定感で一歩及ばず3回戦敗退。
平野は前陣のラリーに強さを発揮してベルホを下し、3回戦へ。団体戦では歯が立たなかった劉高陽からラリーを組み立てて1ゲームを奪う健闘を見せたが、地力の差が出て1対4で敗れた。
加藤は、アンチラバーとツブ高ラバーというやりにくい相手にだったが、序盤は凡ミスもなく強打も決まったが、攻撃力もあるムケルジーに押される展開を打開できずに敗れてしまった。

準々決勝の組み合わせは以下の通り。試合開始は16:20(日本時間25:20)。
顧玉婷(中国) 対 伊藤美誠(日本)
ドゥ・ホイケン(香港) 対 劉曦(中国)
ラコバッチ(クロアチア) 対 王曼昱(中国)
スッチ(ルーマニア) 対 劉高陽(中国)


日本卓球協会:http://www.jtta.or.jp
国際卓球連盟(ITTF):http://www.ittf.com

今大会の模様は卓球レポート2月号に掲載します。