大会報道

2013年世界ジュニア選手権ラバト大会7日目③ 男子単、村松、森薗が準々決勝へ

2013.12.08

<世界ジュニア選手権大会>

12月1〜8日、ラバト(モロッコ)で開催されている第11回世界ジュニア選手権大会の7日目、男子シングルスの2〜3回戦が行われ、日本勢では村松、森薗が勝ち進みベスト8入り。3回戦では第1シードの梁靖崑が張禹珍に敗れる波乱も起きた。
 

村松は安定のプレーでストレートで連覇

森薗は最後までガッツあふれるプレーを見せた

三部はラリー巧者のムッティを攻めきれず

優勝候補の梁靖崑を張禹珍が撃破!


■男子シングルス2回戦(以下日本選手関係)
村松 11,7,5,5 イシイ(ブラジル)
三部 2,12,-9,6,-6,10 D.チウ(ドイツ)
森薗 -5,7,7,-8,6,9 オルト(ドイツ)

■男子シングルス3回戦
村松 7,6,4,6 ウォーカー(イングランド)
ムッティ(イタリア) 5,9,5,9 三部
森薗 9,3,-12,6,-8,-7,7 林廷勲(韓国)

日本勢は村松と森薗が3回戦を突破し8強入りを果たした。村松はイシイ、ウォーカーを安定のカットで問題なくストレート勝ち。森薗は林廷勲のパワーに苦しむが、最後まで集中力を切らさずに動ききって攻めの姿勢を貫いた。三部はドイツブンデスリーガのチームメイト、D.チウを破ったが、3回戦でラリー巧者のサウスポー、ムッティを攻めきれずにベスト16に終わった。
また、第1シードの梁靖崑(中国)が張禹珍(韓国)のスピーディなコースを突いた攻撃に屈し3回戦敗退に終わった。

男子シングルス準々決勝の組み合わせは以下の通り。試合開始は17:40(日本時間26:40)
村松雄斗(日本) 対 張禹珍(韓国)
ムッティ(イタリア) 対 孔令軒(中国)
カルデラノ(ブラジル) 対 周愷(中国)
周啓豪(中国) 対 森薗政崇(日本)



日本卓球協会:http://www.jtta.or.jp
国際卓球連盟(ITTF):http://www.ittf.com

今大会の模様は卓球レポート2月号に掲載します。