大会報道

2013年世界ジュニア選手権ラバト大会7日目⑤ 男子複、韓国ペアが決勝へ

2013.12.08

<世界ジュニア選手権大会>

12月1〜8日、ラバト(モロッコ)で開催されている第11回世界ジュニア選手権大会の7日目、男子ダブルスの3回戦〜準決勝が行われ、張禹珍・朴燦赫(韓国)が梁靖崑・周愷(中国)をストレートで下し決勝進出を決めた。対戦相手はフランスペアを退けた孔令軒・周啓豪(中国)。
 

好調の韓国ペア張禹珍・朴燦赫が決勝進出

孔令軒・周啓豪の中国ペアも決勝へ

アングレ・フロールのフランスペアはベスト4

梁靖崑・周愷は韓国ペアに完敗

森薗・三部は韓国ペアに敗れてベスト8


■男子ダブルス準々決勝
孔令軒・周啓豪(中国) -9,8,9,10,11 姜ミンホ・林廷勲(韓国)
アングレ・フロール(フランス) -9,2,-7,7,11,11 カルデラノ・イシイ(ブラジル)
梁靖崑・周愷(中国) 6,6,9,5 オルト・D.チウ(ドイツ)
張禹珍・朴燦赫(韓国) 9,12,3,9,-7,7 森薗・三部(日本)

■男子ダブルス準決勝
孔令軒・周啓豪(中国) 8,12,10,8 アングレ・フロール(フランス)
張禹珍・朴燦赫(韓国) 10,5,6,5 梁靖崑・周愷(中国)

男子シングルス3回戦で梁靖崑を破り勢いに乗る張禹珍のペアが準決勝で、またもや梁靖崑・周愷(中国)を破り決勝進出を決めた。梁靖崑・周愷はともにシングルスで敗れており、ダブルスでも敗戦を引きずった力ない内容となってしまった。孔令軒・周啓豪(中国)は準々決勝で韓国ペア、準決勝でフランスペアを破り危なげなく決勝進出。決勝で韓国ペアと争う。
日本の森薗・三部は張禹珍・朴燦赫と対戦したが、勝負どころでポイントを取れずに惜しくも敗れた。



日本卓球協会:http://www.jtta.or.jp
国際卓球連盟(ITTF):http://www.ittf.com

今大会の模様は卓球レポート2月号に掲載します。