大会報道

2013年世界ジュニア選手権ラバト大会7日目⑧ 混合複、酒井・森は準決勝でストップ

2013.12.08

<世界ジュニア選手権大会>

12月1〜8日、ラバト(モロッコ)で開催されている第11回世界ジュニア選手権大会の7日目、混合ダブルス準決勝が行われた。期待の日本ペアは中国ペアに敗れ決勝進出はならなかった。決勝は周啓豪・顧玉婷対孔令軒・劉曦の同士打ち対決となった。
 

酒井・森の快進撃は準決勝でストップ

顧玉婷・周啓豪が決勝進出

孔令軒・劉曦はヨーロッパペアを破り決勝へ

ラリーに強いムッティ・ラコバッチの国際ペアは3位

■混合ダブルス準決勝
周啓豪・顧玉婷(中国) -6,7,8,2,8 酒井・森(日本)
孔令軒・劉曦(中国) 5,7,-9,3,11 ムッティ・ラコバッチ(イタリア・クロアチア)

中国ペアを破って表彰台を決めた酒井・森は周啓豪・顧玉婷と対戦。第1ゲームは酒井のカウンターが決まり先制するが、攻撃ミスが増えて相手ペースに。酒井の攻撃が得点源の日本ペアは酒井のミスが増え、流れをつかむのが難しい。安定感のある中国に軍配が挙がり、日本ペアは4ゲーム連続で落として、あえなく準決勝敗退となった。
孔令軒・劉曦はラリーの得意なヨーロッパペアに対して早めの得点で流れをつかみ、4対1で決勝へ。決勝は中国対決となった。



日本卓球協会:http://www.jtta.or.jp
国際卓球連盟(ITTF):http://www.ittf.com

今大会の模様は卓球レポート2月号に掲載します。