大会報道

2013年世界ジュニア選手権ラバト大会最終日③ 混合複、優勝は孔令軒・劉曦

2013.12.08

<世界ジュニア選手権大会>

12月1〜8日、ラバト(モロッコ)で開催されている第11回世界ジュニア選手権大会の最終日、混合ダブルスの決勝が行われた。中国勢の同士打ちとなった決勝はシングルスで敗退した孔令軒・劉曦が気迫のこもったプレーで周啓豪・顧玉婷を破り優勝を飾った。
 

孔令軒・劉曦が周啓豪・顧玉婷を破り初優勝

サウスポーの孔令軒のカウンターが炸裂した

周啓豪・顧玉婷は競り合いをものにできず


■混合ダブルス決勝
孔令軒・劉曦(中国) -8,5,-6,11,-7,8,7 周啓豪・顧玉婷(中国)

同士打ちとなった決勝は、ともに左右のペアでラリーの続く好勝負となった。両者とも女子が中陣からのラリーでも男子のボールを打ち返すなど見応えがあったが、サウスポーの孔令軒が随所で思い切ったフォアハンドカウンタードライブを炸裂させて勝負の流れを引き寄せた。2対3の劣勢からも強気の攻めを続けた孔令軒・劉曦が逆転勝ちを収めてうれしい初優勝を飾った。


日本卓球協会:http://www.jtta.or.jp
国際卓球連盟(ITTF):http://www.ittf.com

今大会の模様は卓球レポート2月号に掲載します。