大会報道

平成25年度全日本選手権大会2日目④ 男子ダブルス1回戦

2014.01.15

<全日本卓球選手権大会>

男子ダブルスには日本リーグでも活躍している松平賢二・笠原弘光ペア、平成23年度の同種目で準優勝をしている共田準吾・加藤由行(愛知工業大)らが登場。松平賢・笠原ペアは勝利したが加藤・共田は敗れ、初戦敗退となった。


松平賢のフォアハンドで試合を優位に進めた。

坂本と組んで準優勝した笠原は同僚の松平と組んで出場。2人のコンビネーションを軸に攻撃し、試合の展開を優位に進めた。共田・加藤は堀大志・渡辺裕介(明徳義塾高)と対戦。2ゲームを先行される苦しい展開から2ゲームを取り返したが、惜しくも最終ゲームを落とした。
そのほかでは世界ジュニアベスト8の森薗・三部(青森山田高)が初戦を3対1で飾った。 上田・及川(青森大・青森山田高)のペアも3対0で勝利し、2回戦に駒を進めた。

 


森薗・三部は1ゲームを奪われるも逆転勝ち

大学・高校生ペアが初戦をストレートで勝利した

記録・タイムテーブル等の情報は日本卓球協会ホームページに掲載されています。
日本卓球協会:http:/www.jtta.or.jp

各種目の組み合わせ(PDFが開きます)
男子シングルス
  女子シングルス
男子ダブルス  女子ダブルス
混合ダブルス
ジュニア男子    ジュニア女子

卓レポ.comでは、連日の熱戦の模様を卓レポ.comとツイッター(http://twitter.com/takurepo)で配信します。

全日本選手権大会の特集は卓球レポート3月号(2月20日発売号)に掲載します。