大会報道

平成25年度全日本選手権大会2日目⑥ ジュニア男子4回戦

2014.01.15

<全日本卓球選手権大会>

ジュニア男子は3〜4回戦が行われ、ベスト16が決定した。 前年度2位の三部航平(青森山田高)らシード選手が勝利を収めた。一方、全中チャンピオンの木造勇人(愛工大附属中)が緒方遼太郎(JOCエリートアカデミー)に敗れる波乱があった。


三部は高見に対して逆転勝ち

三部は高見真己(愛工大附属中)に3対1で勝利。第1ゲームを選手されたものの2ゲーム目の接戦をものにすると第3、4ゲームはラリーの展開から得点を決める形が多く見られ、ゲームを連取して勝利を収めた。
緒方は木造に対して1対2とリードを許したが、チキータレシーブの展開からの攻撃が決まり、フルゲームの末逆転勝利を収めた。
酒井明日翔(JOCエリートアカデミー)は梅崎光明(倉敷工業高)とのフルゲームの熱戦を制し、ベスト16入りを決めた。


明日は5回戦と準々決勝が行われる予定だ。組み合わせは以下の通り。

三部航平(青森山田高) — 木原翔貴(東山高)

郡山北斗(関西高校) — 松下大星(愛工大名電高)
酒井明日翔(JOCエリートアカデミー) — 松宮悠真(杜若高)
硴塚将人(JOCエリートアカデミー) — 平野晃生(野田学園高)
吉村和弘(野田学園高) — 龍崎東寅(JOCエリートアカデミー)
緒方遼太郎(JOCエリートアカデミー) — 及川瑞基(青森山田高)
渡辺裕介(明徳義塾高) — 伊丹雄飛(野田学園中)
坪井勇磨(青森山田高) — 村松雄斗(JOCエリートアカデミー)

 

緒方はチキータレシーブからの展開で優位に立った

酒井はフルゲームの接戦を制しベスト16進出

記録・タイムテーブル等の情報は日本卓球協会ホームページに掲載されています。
日本卓球協会:http:/www.jtta.or.jp

各種目の組み合わせ(PDFが開きます)
男子シングルス
  女子シングルス
男子ダブルス  女子ダブルス
混合ダブルス
ジュニア男子    ジュニア女子

卓レポ.comでは、連日の熱戦の模様を卓レポ.comとツイッター(http://twitter.com/takurepo)で配信します。

全日本選手権大会の特集は卓球レポート3月号(2月20日発売号)に掲載します。