大会報道

平成25年度全日本選手権大会4日目⑥ 女子ダブルス3・4回戦 〜ベスト16が決定〜

2014.01.17

<全日本卓球選手権大会>

女子ダブルス3・4回戦が行われベスト16が決まった。5連覇のかかる第1シードの藤井・若宮(日本生命)、優勝候補の平野・石川(ミキハウス・全農)らが勝ち上がった。
 

藤井・若宮は4連覇をかけて

シングルスでまさかの初戦敗退を喫した藤井寛子は女子ダブルスにすべてをかける。コンビネーションのよさでは群を抜いた藤井・若宮は延利・原(アスモ)を3-1で下してベスト16入り。5回戦で強敵の小野・山梨(日立化成)と対戦する。
全日本王者ペアの平野・石川も5回戦に駒を進めた。社会人ペアが多勢をしめる加藤知・加藤杏(県立岐阜商業高)、石垣・橋本(日本生命・ミキハウスJSC)、中、堀・安藤(慶誠高)
、前田・早田(希望が丘高・石田卓球クラブ)らが勝ち上がっている。


記録・タイムテーブル等の情報は日本卓球協会ホームページに掲載されています。
日本卓球協会:http:/www.jtta.or.jp
記録ページ:http://www.jtta.or.jp/AJ/result2013/


卓レポ.comでは、連日の熱戦の模様をウェブサイトとツイッター(http://twitter.com/takurepo)で配信します。
全日本選手権大会の特集は卓球レポート3月号(2月20日発売号)に掲載します。