大会報道

平成25年度全日本選手権大会4日目② 男子シングルス3回戦 〜32選手がスーパーシードと対戦へ〜

2014.01.17

<全日本卓球選手権大会>

男子シングルス3回戦が行われ、32選手がスーパーシードへの挑戦権を獲得。三部(青森山田高)は好調の緒方に0対2から逆転勝ち。酒井(JOCエリートアカデミー/帝京)は松生(中央大)をストレートで下して3回戦を突破した。
 


三部は、ジュニア男子で木造、及川ら強豪選手を破った緒方に台上から攻められて0対2とリードを許したが、大きなラリーで粘りを見せて逆転勝ち。4回戦で松下(明治大)と対戦する。
ジュニア男子でベスト4入りを果たした酒井は、いつになく気迫を前面に押し出した攻撃的なプレーで松生を破り4回戦に駒を進めた。4回戦では平野(明治大)と対戦する。
このほか、スーパーシードが登場する4回戦では、第1シードの丹羽(明治大)に平野(筑波大)が、水谷(DIOジャパン)には全日本学生選手権大会で上田を破った定松(日本体育大)が挑戦する。

 

記録・タイムテーブル等の情報は日本卓球協会ホームページに掲載されています。
日本卓球協会:http:/www.jtta.or.jp
記録ページ:http://www.jtta.or.jp/AJ/result2013/


卓レポ.comでは、連日の熱戦の模様をウェブサイトとツイッター(http://twitter.com/takurepo)で配信します。
全日本選手権大会の特集は卓球レポート3月号(2月20日発売号)に掲載します。