大会報道

平成25年度全日本選手権大会4日目⑧ ジュニア女子決勝 〜中学生対決を制して加藤が初優勝〜

2014.01.17

<全日本卓球選手権大会>

ジュニア女子の決勝は加藤(JOCエリートアカデミー)と平野(JOCエリートアカデミー)の中学生対決となった。同士打ちとなった2人の戦いは見応えのあるラリー戦となったが、バランスのよい攻守を見せた加藤が競り合いを制して福原、石川に続く中学生優勝をの快挙をはたした。
 

加藤は福原、石川に続く中学生優勝の快挙

加藤はバランスのよい攻守で激しいラリー戦を制した

平野は自分から攻めたが勝負どころでミスが出た

<ジュニア女子決勝>
加藤(JOCエリートアカデミー) -8、8、12、8 平野(JOCエリートアカデミー)

手の内を知り尽くした者同士の厳しいラリーを制して1ゲーム目を奪ったのは平野。第2ゲームはミスの少ない加藤のリード進み、タイムアウトをうまく使った加藤が11-8で取り返す。点差のつかない展開だが、8-6から8-7と詰められたところで平野がタイムアウト。両者集中力の高いプレーを見せジュースにもつれるが、加藤が14-12で決めて2対1とリード。第4ゲームも、攻める平野とブロックからチャンスをつくる加藤の互角の戦い。加藤は緩急をつけてミスを誘う戦術としゃがみ込みサービスからの得点で11-9とし初優勝を飾った。
中学2年生での優勝は平成18年度の石川佳純以来7年ぶりの快挙。


 

昨年のファイナリスト浜本は前陣ラリー勝負で加藤に敗れた

インターハイ女王の阿部はベスト4

<ジュニア女子準決勝>
加藤(JOCエリートアカデミー) 10、-1、-5、6、6 浜本(JOCエリートアカデミー)
平野(JOCエリートアカデミー) 7、-6、-6、8、2 阿部(四天王寺高校)

加藤対浜本はワイドに攻める浜本に加藤がよく対応して、逆転勝ちを収めた。平野対阿部は阿部のペースで試合が進んだが、最後まで深いボールで攻撃し続けた平野が勝ち切った。


記録・タイムテーブル等の情報は日本卓球協会ホームページに掲載されています。
日本卓球協会:http:/www.jtta.or.jp
記録ページ:http://www.jtta.or.jp/AJ/result2013/


卓レポ.comでは、連日の熱戦の模様をウェブサイトとツイッター(http://twitter.com/takurepo)で配信します。
全日本選手権大会の特集は卓球レポート3月号(2月20日発売号)に掲載します。