大会報道

平成25年度全日本選手権大会5日目② 男子ダブルス、4強が出そろう

2014.01.18

<全日本卓球選手権大会>

男子ダブルス準々決勝4試合が行われ、ベスト4が出そろった。準決勝進出を決めたのは松平・丹羽(早稲田大・明治大)、森薗・三部(青森山田高)、田添・上村(希望が丘高)、岸川・水谷(ファースト・DIOジャパン)の4ペアとなった。
 

松平・丹羽は0対2から逆転勝利

森薗・三部は動きのよさで先輩ペアを上回った

田添・上村は学生チャンピオンを撃破

岸川・水谷は貫禄のストレート勝ち


松平健・丹羽(早稲田大・明治大) -5,-6,6,8,5 松平賢・笠原(協和発酵キリン)
森薗・三部(青森山田高) 8,-9,6,6 張・高木和(東京アート)
田添・上村(希望が丘高) 2,9,-7,7 森本・吉村(愛知工業大)
岸川・水谷(ファースト・DIOジャパン) 3,8,12 平野・有延(明治大)

松平賢・笠原と松平健・丹羽の兄弟対決は、台上からチャンスをつくった協和発酵キリンペアがあっさり2ゲームを先行。ここから強打にミスが出始めた協和発酵キリンペアに対して、松平・丹羽は得意の前陣プレーで得点を重ね2ゲーム連取。最終ゲームは王者然ととした落ち着いたプレーで松平・丹羽が引き離し、準決勝進出を決めた。

森薗・三部は安定感のある張・高木和を強気の連続攻撃で崩し、自分たちのペースで試合を進めて勢いに乗った。

田添・上村対森本・吉村は高校ダブルス王者と昨年の大学ダブルス王者との対決となったが、田添・上村が鋭い両ハンド攻撃で、愛知工業大ペアに3対1で打ち勝った。

岸川・水谷は平野・有延と対戦。攻撃力の高い大学チャンピオンに対して、懐の深いプレーでミスを誘いストレートで勝利。王座奪還に向けて駒を1つ進めた。



記録・タイムテーブル等の情報は日本卓球協会ホームページに掲載されています。
日本卓球協会:http:/www.jtta.or.jp
記録ページ:http://www.jtta.or.jp/AJ/result2013/


卓レポ.comでは、連日の熱戦の模様をウェブサイトとツイッター(http://twitter.com/takurepo)で配信します。
全日本選手権大会の特集は卓球レポート3月号(2月20日発売号)に掲載します。