大会報道

平成25年度全日本選手権大会5日目④ 男子シングルス5回戦、張、松平賢らが敗れる

2014.01.18

<全日本卓球選手権大会>

男子シングルス5回戦が行われベスト16が決まった。優勝候補の丹羽、水谷、松平健太らが順当に勝ち進んだ。
 

ジュニア男子2位の酒井が下山を破りランク入り

坪井は張を破る金星を挙げた

森田は鋭いドライブで松平賢二を破った

御内は粘りのカットで大矢を倒した


<男子シングルス5回戦>
丹羽(明治大) 4-1 上江洲(愛工大名電)
吉田(愛知工業大) 4-2 森薗(青森山田高)
町(明治大) 4-0 加藤(愛知工業大)
森田(シチズン) 4-2 松平賢(協和発酵キリン)
岸川(ファースト) 4-1 松下(明治大)
大島(早稲田大) 4-0 田中(シチズン)
吉田(DIOジャパン) 4-1 吉村(愛知工業大)
御内(シチズン) 4-3 大矢(東京アート)
松平健(早稲田大) 4-1 田添健(希望が丘高)
高木和(東京アート) 4-2 軽部(シチズン)
上田(青森大) 4-0 森本(愛知工業大)
酒井(JOCエリートアカデミー/帝京) 4-1 下山(協和発酵キリン)
坪井(青森山田高) 4-2 張(東京アート)
時吉(ZEOS) 4-3 笠原(協和発酵キリン)
及川(青森山田高) 4-0 久保田(シチズン) 
水谷(DIOジャパン) 4-0 藤村(愛知工業大)

丹羽、水谷、松平健太ら優勝候補は順当に勝ち進んだ。
昨年ベスト8の松平賢二はサウスポーの森田に先手を取られる展開で台から下げられて競り合いを物にできず。
昨年ベスト4の大矢は御内の粘り強いカットを攻めきれずに5回戦敗退。

吉田と吉村の全日本王者対決はフォアハンドドライブが走った吉田に軍配が挙がった。
坪井は張との激しい打ち合いとなったサウスポー対決に打ち勝って初のランク入り。
ジュニア男子で2位になった酒井は速攻で下山を破り、同じく初のランク入り。



記録・タイムテーブル等の情報は日本卓球協会ホームページに掲載されています。
日本卓球協会:http:/www.jtta.or.jp
記録ページ:http://www.jtta.or.jp/AJ/result2013/


卓レポ.comでは、連日の熱戦の模様をウェブサイトとツイッター(http://twitter.com/takurepo)で配信します。
全日本選手権大会の特集は卓球レポート3月号(2月20日発売号)に掲載します。