大会報道

平成25年度全日本選手権大会5日目⑧ 男子シングルス6回戦、丹羽、松平健太が敗れる

2014.01.18

<全日本卓球選手権大会>

男子シングルス6回戦が行われ、ベスト8が決定した。前年度王者の丹羽が同級生の吉田に敗れるという波乱があった。また、すでに世界卓球日本代表入りを決めている松平健太も高木和に敗れベスト16に終わった。第2シードの水谷、岸川、上田、吉田海偉、町、坪井が勝ち上がった。
 

全日本王者の丹羽は吉田との同級生対決に敗れた
 
高木和は松平健太を破り8強入り
 
水谷は危なげなく後輩の及川にストレート勝ち

町は森田に1対3から逆転勝ちで初のベスト8

吉田は8年ぶりの王座を狙う

<男子シングルス6回戦>
吉田(愛知工業大) 4-2 丹羽(明治大)
町(明治大) 4-3 森田(シチズン)
岸川(ファースト) 4-0 大島(早稲田大)
吉田(DIOジャパン) 4-1 御内(シチズン)
高木和(東京アート) 4-2 松平健(早稲田大)
上田(青森大) 4-2 酒井(JOCエリートアカデミー/帝京)
坪井(青森山田高) 4-1 時吉(ZEOS)
水谷(DIOジャパン) 4-0 及川(青森山田高)

ベスト8を決める6回戦では、全日本王者の丹羽が敗れるという波乱が起きた。丹羽は青森山田高時代の同級生の吉田雅己と対戦。ドイツブンデスリーガを含め、長らくチームメイトだっただけに、丹羽は得意のサービス、レシーブからの展開で優位に立てず、吉田の得意な中陣でのラリー戦に持ち込まれ、吉田のパワーに押し切られる形で敗れた。
世界卓球の代表の切符をいち早く手に入れた松平健太も優勝候補の1人だったが、分の悪い高木和のミスの少ないプレーに敗れた。
4回戦で塩野(東京アート)を破った町は、サウスポーからの鋭い両ハンドドライブにくわえ中後陣での粘りもある森田に1対3と離されるが、前陣で攻め続けて逆転勝ちを収めた。
5回戦で張(東京アート)を破った元全中王者の坪井は5回戦で笠原(協和発酵キリン)を破った時吉をサウスポーからのワイドな攻撃で退け初のベスト8入り。

5回戦で吉村(愛知工業大)を破った吉田海偉は、フォアハンドドライブで御内のカットを打ち抜きベスト8に復活した。
水谷は危なげなく後輩の及川をストレートで下し決勝への歩みを進めた。このほか、岸川、上田も準々決勝に駒を進めた。

男子シングルス準々決勝の組み合わせは以下の通り。
吉田(愛知工業大) - 町(明治大)
岸川(ファースト) - 吉田(DIOジャパン)
高木和(東京アート) - 上田(青森大)
坪井(青森山田高) - 水谷(DIOジャパン)




記録・タイムテーブル等の情報は日本卓球協会ホームページに掲載されています。
日本卓球協会:http:/www.jtta.or.jp
記録ページ:http://www.jtta.or.jp/AJ/result2013/


卓レポ.comでは、連日の熱戦の模様をウェブサイトとツイッター(http://twitter.com/takurepo)で配信します。
全日本選手権大会の特集は卓球レポート3月号(2月20日発売号)に掲載します。