大会報道

平成25年度全日本選手権大会最終日③ 男子シングルス準々決勝 〜吉田海偉が4強入り〜

2014.01.19

<全日本卓球選手権大会>

男子シングルス準々決勝4試合が行われベスト4が出そろった。吉田海偉が岸川を破り3年ぶりのベスト4復帰。また、水谷、上田、町が準決勝を決めた。
 

岸川を破り4強に復帰
 
後輩の坪井をストレートで圧倒
 
町は吉田雅己との同級生対決を制した

上田は高木和との激しい打撃戦を制してベスト4入り

<男子シングルス準々決勝>
町(明治大) 4-2 吉田雅己(愛知工業大)
吉田海偉(DIOジャパン) 4-0 岸川(ファースト)
上田(青森大) 4-3 高木和(東京アート)
水谷(DIOジャパン) 4-0 坪井(青森山田高)

丹羽との同級生対決を制した吉田は、続いて青森山田高校の同級生、町と対決。激しい打撃戦は一進一退の攻防を見せるが、打球点の高い両ハンドドライブで町がラリー戦を制した。最後は吉田のサービスミスというあっけない幕切れとなった。
元全日本王者の吉田が全盛期を彷彿とさせる豪打で、岸川を圧倒。ショートやしのぎなどの守備にも進境を見せ、王座奪還を目指す。
高木和対上田は上田がラリー戦で2ゲームを先行するが、高木和も粘りを見せて3対3に。最後は上田がパワーボールで押し切った。
水谷はレシーブ、3球目から厳しく攻めて後輩の坪井をストレートで退けた。坪井も随所で鋭い両ハンドドライブを披露したが、パワー、スピードともに充実した水谷には及ばなかった。

準決勝の組み合わせは
町(明治大) - 吉田(DIOジャパン)
上田(青森大) - 水谷(DIOジャパン)



記録・タイムテーブル等の情報は日本卓球協会ホームページに掲載されています。
日本卓球協会:http:/www.jtta.or.jp
記録ページ:http://www.jtta.or.jp/AJ/result2013/


卓レポ.comでは、連日の熱戦の模様をウェブサイトとツイッター(http://twitter.com/takurepo)で配信します。
全日本選手権大会の特集は卓球レポート3月号(2月20日発売号)に掲載します。