大会報道

世界卓球2014東京大会前日 記者会見にボル、張継科、水谷らが登場

2014.04.27

<世界卓球選手権大会>

JA全農世界卓球東京2014東京大会(4月28日〜5月5日)の開催初日を明日にひかえ、メイン会場の国立代々木競技場第一体育館では、会場の設営が完了しチャンピオンシップディビジョンの各チームの練習が行われた。また、大会に先駆けて記者会見が行われ、ITTF会長のアダム・シャララをはじめ、大会組織委員会副会長の木村興治、ボル(ドイツ)、張継科(中国)、水谷隼(DIOジャパン)、石川佳純(全農)らが出席した。
 

メイン会場の代々木第一体育館には9台の卓球台が設営された

トップ選手も記者会見に出席


 13時から行われた記者会見では、ITTFのシャララ会長が東日本大震災から復興を遂げている日本をたたえ、日本で開催できることの喜びを語った。続いて大会組織委員会の木村興治副会長が2011年の東日本大震災の直後にシャララ会長から世界卓球の日本開催の提案を受け、2週間後には決定した経緯を語った。
 ボルは今大会のドイツ代表は今まででも一番強いチームだと語り、決勝で日本か中国と戦いたいと笑顔で述べた。張継科は、馬琳らベテランが抜けた若いチームでプレッシャーが大きいと心境を語ると同時に、開催国の日本は侮れないが、すべての困難を克服する準備をしてきたと自信を見せた。
 日本男子の水谷は横浜で大きな声援を背に男子ダブルスで銅メダルを獲得した経験を糧に、今大会でもいいプレーを見せたいと抱負を語った。石川はロンドンオリンピックでの銀メダルは自信になったが、前回の8位に終わったドルトムント大会(団体戦)よりも必ずいい成績が取れるように頑張りたいと意気込みを見せた。

 

張継科ら中国男子の仕上がりは上々の様子

劉詩雯ら中国女子選手も快調な試運転

ボルが過去最強というドイツ男子チームも登場

 

今大会の模様は卓球レポート6月号(5月20日発売)・7月号(6月20日)に掲載

公益財団法人日本卓球協会:http://www.jtta.or.jp
JA全農2014年世界卓球団体選手権東京大会/公式サイト:
http://www.2014wtttc.com
国際卓球連盟(ITTF)世界卓球2014東京:
http://www.ittf.com/competitions/competitions2.asp?Competition_ID=2278&category=WTTC