大会報道

世界卓球2014東京大会初日② 【男子団体】中国、ドイツが好発進

2014.04.28

<世界卓球選手権大会>

JA全農世界卓球東京2014東京大会(4月28日〜5月5日)がいよいよ開幕。大会は男子団体のグループリーグで幕を開けた。グループAはチームランキング1位の中国がブラジルを、グループBはチームランキング2位のドイツがシンガポールを下し好発進を見せた。
 

最強軍団はブラジルを3対0で下し白星発進

ドイツは初戦で難敵シンガポールを撃破

クロアチアは譚瑞午(写真)とガシナがメイスを破り1勝目


<男子グループA>
中国 3−0 ブラジル
オーストリア 3−1 セルビア
ポーランド 3−0 ロシア

<男子グループB>
ドイツ 3−0 シンガポール
香港 3−0 ウクライナ
クロアチア 3−1 デンマーク

グループAは優勝候補筆頭の中国が登場。張継科、馬龍、許昕というベストメンバーで臨み、まだ全開とは行かないまでも3対0で勝負を決めた。ポーランドは1番でフロラスがシバエフとの大熱戦を制し、チームに流れを呼び寄せると、ゴラク、ワン・ゼンイが続き、3対0で格上のロシアを破り初戦を勝利で飾った。
ドイツは初戦で強敵のシンガポールと対戦。1番でボル対ガオ・ニンのエース対決となったが、ラリーの安定感で勝るボルが先制点を挙げ、オフチャロフ、メンゲルというメンバーでストレートで勝利した。クロアチアは1番でガシナがメイスを破ると、譚瑞午が粘り強いプレーと思い切りのよい攻撃でグロースとメイスを破り1勝目を決めた。

 

今大会の模様は卓球レポート6月号(5月20日発売)・7月号(6月20日)に掲載

公益財団法人日本卓球協会:http://www.jtta.or.jp
JA全農2014年世界卓球団体選手権東京大会/公式サイト:
http://www.2014wtttc.com
国際卓球連盟(ITTF)世界卓球2014東京:
http://www.ittf.com/competitions/competitions2.asp?Competition_ID=2278&category=WTTC