大会報道

世界卓球2014東京大会初日⑤ 【女子団体】日本がベラルーシに快勝

2014.04.28

<世界卓球選手権大会>

JA全農世界卓球東京2014東京大会(4月28日〜5月5日)が開幕。日本男子に続いて日本女子が登場。女子は男子の敗戦のいやなムードを断ちきるように、初戦の相手ベラルーシにストレートで快勝した。
 

抜群の安定感を誇る平野のカット攻略で日本が先制点

石川は初戦ながら快調な両ハンド攻撃を見せた

初出場の田代が決勝点を挙げ、日本は白星スタート


<女子グループA>
中国 3−0 ポーランド
朝鮮民主主義人民共和国 3−2 オーストリア
ルーマニア 3−0 スロバキア

<女子グループB>
 日本 3−0 ベラルーシ
○平野 3,9,-6,6 Vi.パブロビッチ
○石川 4,9,11 プリバロバ
○田代 -5,4,10,5 クチュク
 石川 - Vi.パブロビッチ
平野 - プリバロバ

台湾 3−0 オーストラリア

日本は初戦で難敵ベラルーシと対戦。トップでカット主戦型のVi.パブロビッチと平野が対戦。平野は得意の粘り強いカット攻略でパブロビッチを下すと、続く石川も質の高い両ハンド攻撃でプリバロバにストレート勝ち。3番は世界卓球デビューとなった田代が、第1ゲームこそ硬さが見られたものの、第2ゲームからは持ち前のアグレッシブなプレーで攻めきって3ゲームを連取。日本は初戦で貴重な勝ち星を挙げた。

このほか、グループAでは朝鮮民主主義人民共和国がエースのリュウ・ジャから2点を奪われながらも、カット主戦型のリ・ミョンスン、キム・ジョンの活躍で大接戦を制し勝利。中国はエースの李暁霞がポーランドのグリボウスカに2ゲームを奪われたが、チームは3対0で勝利を収めた。

日本は明日(4/29)、ハンガリーとアメリカと対戦。

 

今大会の模様は卓球レポート6月号(5月20日発売)・7月号(6月20日)に掲載

公益財団法人日本卓球協会:http://www.jtta.or.jp
JA全農2014年世界卓球団体選手権東京大会/公式サイト:
http://www.2014wtttc.com
国際卓球連盟(ITTF)世界卓球2014東京:
http://www.ittf.com/competitions/competitions2.asp?Competition_ID=2278&category=WTTC