大会報道

世界卓球2014東京大会4日目② 【女子団体】シンガポールと香港が1位通過

2014.05.01

<世界卓球選手権大会>

JA全農世界卓球東京2014東京大会(4月28日〜5月5日)4日目の5月1日は、第1ステージ予選グループリーグの最終試合が行われ、決勝トーナメントに進出する各グループの上位3チームが決定する。10時から行われた女子グループCとグループDの試合の結果、ともに全勝で終えたシンガポールと香港の1位通過が決まった。
 

再び頂点を目指してシンガポールが1位通過

姜華珺を軸に若手の起用も光った香港

<女子グループC>
1位 シンガポール
2位 韓国
3位 オランダ
4位 ルクセンブルク
5位 フランス
6位 ロシア

<女子グループD

1位 香港
2位 ドイツ
3位 ウクライナ
4位 チェコ

5位 クロアチア
6位 セルビア


女子グループCは、優勝経験のあるシンガポールがエース、馮天薇を主軸に、ユ・メンユ、リ・シーユンというチームで全勝で1位通過を決めた。2位には、韓国カットの次世代として頭角を現してきた徐孝元に石賀浄、梁夏銀、朴英淑という粒のそろった攻撃陣。オランダとルクセンブルクには苦戦しながらも勝ちきってチーム力の強さも見せた。3位には左ペンのリ・ジャオ、カットのリ・ジエという2人の実力者を主力に2勝を挙げたオランダが負け越しながらも同率のルクセンブルクを破っているために3位に入った。

女子グループDは、姜華珺をエースに、若手のリ・ホチン、ヌグ・ウィンナム、ドゥ・ホイケンというメンバーで5戦全勝で勝ち上がった。予選最終試合のクロアチア戦では帖雅娜も出場したが、今大会では主戦力とはならないだろう。2位のドイツはウー・ジャデュオ、シルバーアイゼン、イバンカン、P.ゾルヤと中堅選手をそろえている。3位のウクライナはビレンコ、ガポノバのカット2人にペソツカというチームで最終試合で攻撃力のあるチェコを破り決勝トーナメント進出を決めた。

 

 

今大会の模様は卓球レポート6月号(5月20日発売)・7月号(6月20日)に掲載

公益財団法人日本卓球協会:http://www.jtta.or.jp
JA全農2014年世界卓球団体選手権東京大会/公式サイト:
http://www.2014wtttc.com
国際卓球連盟(ITTF)世界卓球2014東京:
http://www.ittf.com/competitions/competitions2.asp?Competition_ID=2278&category=WTTC