大会報道

世界卓球2014東京大会6日目④ 【女子団体】中国が準決勝へ

2014.05.03

<世界卓球選手権大会>

JA全農世界卓球東京2014東京大会(4月28日〜5月5日)5日目の5月2日は決勝トーナメントの準々決勝6試合が行われる。16時から行われた女子準々決勝の中国対朝鮮民主主義人民共和国戦で、中国が予選グループリーグに続いて朝鮮民主主義人民共和国を破り、連覇に向けて準決勝に駒を進めた。
 

李暁霞は危なげのない試合運び

劉詩雯は完璧なカット攻略

朱雨玲は初の団体戦で優勝を目指す

北朝鮮はキム・ジョンが1ゲームを奪うにとどまった

<女子団体準々決勝>
 中国 3−0 朝鮮民主主義人民共和国

○李暁霞 6,3,8 リ・ミギョン
○劉詩雯 8,4,6 リ・ミョンスン
○朱雨玲 5,-5,5,6 キム・ジョン
 李暁霞 - リ・ミョンスン
 劉詩雯 - リ・ミギョン

こちらのカードも予選グループ同組の再戦。予選では中国が李暁霞、朱雨玲、丁寧というオーダーで3対0で勝っている。
トップは李暁霞対サウスポーの攻撃型リ・ミギョンの対決。フィジカルで大きく上回る世界女王の李暁霞だが、精度の高いサービス、レシーブで勝負のほとんどは決まってしまう。リ・ミギョンは終始先手を取れずに苦しい流れを打開できずにストレートで敗れた。
2番は劉詩雯対リ・ミョンスン。カット打ちには定評のある劉詩雯がここでも安定のカット打ちを披露。1ゲーム目序盤ではリ・ミョンスンの攻撃も見られたが、中盤以降、劉詩雯の的確にコースを突いた攻めでリ・ミョンスンの反撃は封じられ、手詰まりに。リ・ミョンスンは反撃の糸口を見いだせないままストレート負け。劉詩雯のカット攻略のレベルの高さが際立つ内容となった。
3番は朱雨玲対キム・ジョン。攻められてもブロックからの反撃ができる朱雨玲は余裕の試合運び。しかし、第2ゲームはレシーブから積極的に攻めたキム・ジョンがフォアハンドで朱雨玲のフォア側に深いボールを送り優勢に。序盤のリードを保って、キム・ジョンがこのゲームを取り返す。第3ゲームは気を取り直した朱雨玲が落ち着いてラリーの構え。キム・ジョンは回り込んでバッククロスに決めるエースボールがあるが、なかなかチャンスをつくれず、11-5で朱雨玲が準決勝進出に王手。第4ゲームは朱雨玲が格上らしい危なげない内容で11-6とし、準決勝進出を決めた。中国は準決勝でシンガポールと対戦。


 

今大会の模様は卓球レポート6月号(5月20日発売)・7月号(6月20日)に掲載

公益財団法人日本卓球協会:http://www.jtta.or.jp
JA全農2014年世界卓球団体選手権東京大会/公式サイト:
http://www.2014wtttc.com
国際卓球連盟(ITTF)世界卓球2014東京:
http://www.ittf.com/competitions/competitions2.asp?Competition_ID=2278&category=WTTC