大会報道

世界卓球2014東京大会7日目⑤ 【女子団体】日本、香港を破り決勝へ!

2014.05.04

<世界卓球選手権大会>

JA全農世界卓球東京2014東京大会(4月28日〜5月5日)7日目の5月4日は男女団体の準決勝4試合が行われる。第4試合は女子団体準決勝、日本対香港が行われ、熱戦の末に日本が香港を破り、日本は1983年の東京大会以来31年ぶりの決勝進出を決めた。
 
香港、次世代のエース、リ・ホチンが石垣のカットを攻略
 
平野の神通力再び。奇跡的な逆転劇で貴重な1点を挙げた

石川は最後まで自分のプレーを貫いた

エースの石川が激戦を制し日本を決勝へ導いた

村上ジャパン、ロンドンオリンピックに続いて決勝へ

<女子団体準決勝>
 日本 3−1 香港

 石垣 -13,-10,-2 リ・ホチン○
○石川 -8,8,-6,9,6 姜華珺
○平野 -8,-10,10,2,10 ヌグ・ウィンナム
○石川 4,-8,-10,9,7 リ・ホチン
 石垣 - 姜華珺

オランダとの死闘を経てメダルを確定した日本はエース石川と、カット攻略に難があるという香港を相手にカットの石垣を2点起用した。一方、香港はベテランの姜華珺を柱に、リ・ホチン、ヌグ・ウィンナム、ドゥ・ホイケンという若い選手で構成するチーム。異質攻守型の姜華珺のほかはみな打ち合いに強い右シェーク攻撃型の選手だ。

トップの石垣は、カット打ちもそつなくこなすリ・ホチンに対して焦りが出たか、攻撃ミスが出て粘りきれない。リ・ホチンは小柄ながら攻撃力もあり、フォアハンドのドライブとスマッシュの威力はなかなかのものだ。石垣は第1、2ゲームともジュースを落とすと、集中力を失ったか、第3ゲームはあっさりとミスを重ねリ・ホチンのストレート勝ち。香港に先制点を許した。

2番はエース対決。石川はワイドに攻めてくる姜華珺に対して、粘り強く食らいついて、チャンスボールをミドルに決める戦術で戦うが、深い威力のあるボールで広角に攻める姜華珺に1対2とリードを許す展開に。それでも石川は姜華珺のフォア側を先に攻めるなどしてチャンスをつくり、攻めの姿勢で逆転勝ちを収めた。この1点で日本は後半に望みをつないだことになる。

3番の平野は信じがたいプレーを見せてくれた。回転量の多い前陣両ハンドドライブで攻めるヌグ・ウィンナムに対して、平野は守勢に回り、ブロックミスやカウンターミスを誘われ0対2と苦しい流れ。第3ゲームも4-9とリードされてもはや後がないと思われたところから、驚異的な集中力を発揮し追い上げ、相手のマッチポイントもしのいでこのゲームを逆転。気圧されたヌグ・ウィンナムは第4ゲームを2点で失う。完全に流れは平野。第5ゲームも序盤6-2と大きくリードするが、あきらめないヌグ・ウィンナムが6-6と追いつく。しかし、集中力を失わず、ヌグ・ウィンナムの威力のあるボールにも対応してきた平野が、マッチポイントを10-8と握るも、2本連続でフォアハンドドライブをミス。ジュースになり、再びマッチポイントを平野が握ると、ヌグ・ウィンナムは回り込んだボールを空振りして平野の奇跡的な逆転勝利が決まった。まさに起死回生。地元日本が平野に再び「神通力」を与えた。

4番は石川対リ・ホチン。第1ゲームは平野がつくった良い流れを引き継いで石川が気迫のこもったプレーで先行。しかし、実力は高いリ・ホチン、第2ゲームからは切り替えてミスの少ない両ハンドで石川を苦しめる。特にフォアクロスのボールに強く、石川が回り込んでバッククロスに打ったボールにもよく対応し第2ゲームを取り返す。第3ゲームもリ・ホチンの流れ。石川は3-9とリードされたところから、怒涛の連続得点で9-9まで追いつくが、ジュースになると連続でミスが出てリ・ホチンが2対1とリード。第4ゲームも競り合いとなるが、勝負どころでも怖がらずにラケットを振っていった石川が取り返し、最終ゲームへ。第5ゲームは石川リードの展開。5-5から9-5と大きく引き離し、2試合連続の逆転勝ちで、日本の決勝進出を決めた。

日本の決勝進出は1983年の東京大会以来、実に31年ぶり。最後の優勝は1971年の名古屋大会までさかのぼる。いずれにしても日本開催。ここまできたのだから、後は思い切ってプレーしてほしい。

 

今大会の模様は卓球レポート6月号(5月20日発売)・7月号(6月20日)に掲載

公益財団法人日本卓球協会:http://www.jtta.or.jp
JA全農2014年世界卓球団体選手権東京大会/公式サイト:
http://www.2014wtttc.com
国際卓球連盟(ITTF)世界卓球2014東京:
http://www.ittf.com/competitions/competitions2.asp?Competition_ID=2278&category=WTTC