大会報道

ジャパンオープン初日① 【女子シングルス予選G】加藤、伊藤らが好発進

2014.06.18

<ワールドツアー・ジャパンオープン>

ITTFワールドツアー・ジャパンオープン(6月18日〜22日・横浜文化体育館)が始まった。今年は、海外トップ選手のエントリーは少ないが、その分日本選手には大きなチャンスだ。初日の今日は、男女シングルスの予選グループリーグ、21歳以下男女シングルスの予選グループリーグが行われた。女子シングルスの予選グループリーグでは加藤と伊藤がともに2勝を挙げて予選グループ1位通過を決めた。
 
加藤はしゃがみ込みサービスからの攻撃で2勝を挙げた
 
伊藤は巧みなカット攻略

田代は中国選手を破り2勝

阿部は接戦を物にして2勝
 

女子シングルス予選グループには田代早紀(日本生命)、森さくら(昇陽高)、加藤美優(JOCエリートアカデミー)、伊藤美誠(スターツSC)、中島未早希(サンリツ)、阿部恵(サンリツ)の6人の日本選手がエントリー。石川佳純(全農)、福原愛(ANA)、平野早矢香(ミキハウス)、石垣優香(日本生命)、若宮三紗子(日本生命)、森薗美咲(日立化成)らが決勝トーナメント1回戦からの出場となる。平野美宇(JOCエリートアカデミー)は出場キャンセル、浜本由惟(JOCエリートアカデミー・大原学園)は棄権となった。

予選グループリーグでは、加藤と伊藤が3人のリーグで2勝を挙げ、ともに1位通過を決めた。加藤は異質型の邱嗣樺(台湾)を攻めきって第1試合を4対1で勝ちきると、第2試合では攻撃力のある金ビョルニムに多彩な攻守で4対1とし、2連勝。伊藤は李シオン(韓国)を威力のある両ハンド攻撃でストレートで破ると、続いてカットの崔寳文(台湾)をカット打ちとスマッシュで完璧に攻略して2勝。田代と阿部は4人のリーグで2勝を挙げ、首位通過にあと1勝と迫った。中島はトロシュネワ(ロシア)に敗れ1勝1敗。森は李スル(韓国)と孫晋(香港)に敗れて2敗となった。



今大会の模様は卓球レポート8月号(7月20日発売)に掲載

公益財団法人日本卓球協会:http://www.jtta.or.jp
ジャパンオープン・荻村杯2014:http://sports.geocities.jp/takkyuukanagawa/ogimura2014.html

国際卓球連盟(ITTF):http://www.ittf.com/