大会報道

ジャパンオープン初日② 【男子シングルス予選G】吉田雅己が1位通過

2014.06.18

<ワールドツアー・ジャパンオープン>

ITTFワールドツアー・ジャパンオープン(6月18日〜22日・横浜文化体育館)が始まった。初日の今日は、男女シングルスの予選グループリーグ、21歳以下男女シングルスの予選グループリーグが行われた。男子シングルス、日本勢は上田、吉田、町、大島が予選グループリーグからの出場。吉田が3人のグループで1位通過を決めたほか、上田、町、大島は4人グループで結果は明日の試合で決まる。
 
吉田は安定感のあるプレーで2連勝
 
上田は鋭い両ハンド攻撃が決まった

大島はキレのある動きでクズミンを破った

町はゲームオールジュースの接戦に敗れ1勝1敗
 

男子シングルス予選グループには上田仁(協和発酵キリン)、吉田雅己(愛知工業大)、町飛鳥(明治大)、大島祐哉(早稲田大)の4人の日本選手がエントリー。らが決勝トーナメント1回戦からの出場となる。水谷隼(DIOジャパン)、丹羽孝希(明治大)、松平健太(ホリプロ)、岸川聖也(ファースト)、塩野真人(東京アート)、高木和卓(東京アート)、村松雄斗(JOCエリートアカデミー・帝京)、吉村真晴(愛知工業大)、森薗政崇(明治大)らが決勝トーナメント1回戦から登場する。

予選グループリーグでは、吉田が温洧傑(台湾)、ハン・カタク(香港)を安定感のある吉田らしいプレーでストレートで下し2勝0敗で1位通過。上田はブロシエ(フランス)、張順紘(台湾)を鋭い両ハンド攻撃で退け、明日1勝1敗のM.カールソン(スウェーデン)と対戦する。大島は格上のクズミン(ロシア)を強いフィジカルを生かしたプレーで4対1と退け1勝目。町は第1試合でマドリード(メキシコ)を一蹴したが、第2試合の楊相賢(韓国)戦では、第4ゲームでマッチポイントをしのぎ、第5ゲームは10-7とリードしたものの、チャンスを生かし切れずに15-17で悔しい敗戦となった。



今大会の模様は卓球レポート8月号(7月20日発売)に掲載

公益財団法人日本卓球協会:http://www.jtta.or.jp
ジャパンオープン・荻村杯2014:http://sports.geocities.jp/takkyuukanagawa/ogimura2014.html

国際卓球連盟(ITTF):http://www.ittf.com/