大会報道

ジャパンオープン2日目④ 【男子シングルス予選G】上田、大島、町が決勝トーナメントへ

2014.06.19

<ワールドツアー・ジャパンオープン>

ITTFワールドツアー・ジャパンオープン(6月18日〜22日・横浜文化体育館)が始まった。大会2日目の今日は、21歳以下男女シングルスの予選グループリーグ、男女シングルスの予選グループリーグ、男女ダブルスの予選トーナメントが行われる。初日に続いて行われた男子シングルス予選グループリーグでは、大島と町が1位通過で決勝トーナメント進出を決めた。
 
好調の大島は2勝0敗で1位通過

町は両ハンドの連続攻撃で李佳陞を破り1位通過

三つ巴になった上田はポイント計算で2位に


男子シングルスは、すでに吉田雅己(愛知工業大)が予選通過を決めたが、さらに大島祐哉(早稲田大)、町飛鳥(明治大)がグループリーグ1位で決勝トーナメントに駒を進めた。韓国オープンに続き好調を保つ大島はクズミン(ロシア)を倒して勢いに乗ると、秦楙棖(台湾)にも危なげなく勝利して2勝。町は楊相賢(韓国)との打撃戦に敗れたが、李佳陞(台湾)を両ハンド連続攻撃で破り、2勝1敗で1位となった。2勝で3試合目をむかえた上田仁(協和発酵キリン)は、フォア面表ソフトラバーのM.カールソン(スウェーデン)に敗れたが、ポイント計算で2位になり、予選通過を決めた。


今大会の模様は卓球レポート8月号(7月20日発売)に掲載

公益財団法人日本卓球協会:http://www.jtta.or.jp
ジャパンオープン・荻村杯2014:http://sports.geocities.jp/takkyuukanagawa/ogimura2014.html

国際卓球連盟(ITTF):http://www.ittf.com/