大会報道

ジャパンオープン2日目⑤ 【男子ダブルス予選T】村松・塩野が中国ペアを撃破

2014.06.19

<ワールドツアー・ジャパンオープン>

ITTFワールドツアー・ジャパンオープン(6月18日〜22日・横浜文化体育館)が始まった。大会2日目の今日は、21歳以下男女シングルスの予選グループリーグ、男女シングルスの予選グループリーグ、男女ダブルスの予選トーナメントが行われる。男子ダブルスの予選トーナメントでは村松・塩野のカットペアが韓国オープン優勝の中国ペアと1回戦で当たったが、見事に撃破し決勝トーナメントに進出した。上田・吉村真晴の前年度優勝ペアはスウェーデンペアを破り予選突破。全日本ダブルス王者の森薗・三部は中国ペアに敗れて予選突破はならなかった。

 
村松・塩野のカットペアは中国ペアを撃破

ディフェンディングチャンピオンの上田・吉村も予選通過

全日本ダブルス王者の森薗・三部は中国ペアに敗れる


男子ダブルスの予選トーナメント1〜2回戦が行われ、村松雄斗・塩野真人(JOCエリートアカデミー・帝京/東京アート)が1回戦で先週の韓国オープンで男子ダブルス優勝を飾った于子洋・周愷(中国)をゲームオールの末に破る金星を挙げた。2回戦でもフロール・ルベッソンのフランス代表ペアをストレートで破り決勝トーナメント進出を決めた。
上田仁・吉村真晴(協和発酵キリン・愛知工業大)は前年度ジャパンオープンの優勝ペアながら予選からの出場。スウェーデンペアを相手に高い攻撃力を見せ3対1で予選を通過した。
全日本ダブルス王者の森薗政崇・三部航平(明治大・青森山田高)は呂翔・周啓豪の中国ペアを攻めきれず1対3で敗れた。

女子は日本から丹羽美里・鈴木李佳(淑徳大・専修大)の大学生ペアが何卓佳・楊艶梅(中国)に0対2から追いつく粘りを見せたが、最終ゲームで逃げ切られた。



今大会の模様は卓球レポート8月号(7月20日発売)に掲載

公益財団法人日本卓球協会:http://www.jtta.or.jp
ジャパンオープン・荻村杯2014:http://sports.geocities.jp/takkyuukanagawa/ogimura2014.html

国際卓球連盟(ITTF):http://www.ittf.com/