大会報道

ジャパンオープン4日目② 【21歳以下男子準決勝】カルデラーノと張禹珍が決勝へ

2014.06.21

<ワールドツアー・ジャパンオープン>

ITTFワールドツアー・ジャパンオープン(6月18日〜22日・横浜文化体育館)、大会4日目は、21歳以下男女の準決勝〜決勝、男女ダブルスの準々決勝〜準決勝、男子シングルス3回戦〜準々決勝、女子シングルス2回戦〜準々決勝が行われる。21歳以下男子シングルスは酒井を破ったカルデラーノと世界ジュニア王者の張禹珍が決勝に駒を進めた。

 
カルデラーノは威力のあるボールでストレート勝ち

ゴーシュはバランスのいいプレーを見せたが決定力を欠いた

張禹珍、韓国オープンに続いて2連覇を目指す

ロレンツはラリー戦で対抗したが張禹珍には及ばず


<21歳以下男子シングルス準決勝>
カルデラーノ(ブラジル) 9,8,4,6 ゴーシュ(インド)
張禹珍(韓国) 6,5,-8,7,12 ロレンツ(フランス)

カルデラーノは、バランスのいいプレーのゴーシュを、パワーボールで圧倒。中陣からでも威力のある1発を持つカルデラーノがストレートで初優勝を目指したゴーシュを沈めた。
張禹珍は打球点の高いフルスイングのフォアハンドドライブでロレンツを攻めて韓国オープンに続いて決勝進出を果たした。



今大会の模様は卓球レポート8月号(7月20日発売)に掲載

公益財団法人日本卓球協会:http://www.jtta.or.jp
ジャパンオープン・荻村杯2014:http://sports.geocities.jp/takkyuukanagawa/ogimura2014.html

国際卓球連盟(ITTF):http://www.ittf.com/