大会報道

ジャパンオープン4日目⑥ 【男子ダブルス】岸川・水谷、余裕を見せて決勝へ

2014.06.21

<ワールドツアー・ジャパンオープン>

ITTFワールドツアー・ジャパンオープン(6月18日〜22日・横浜文化体育館)、大会4日目は、21歳以下男女の準決勝〜決勝、男女ダブルスの準々決勝〜準決勝、男子シングルス3回戦〜準々決勝、女子シングルス2回戦〜準々決勝が行われる。男子ダブルスは準々決勝と準決勝が行われ、世界卓球銅メダルの日本の岸川・水谷と台湾の江宏傑・黄聖盛が決勝進出を決めた。

 
岸川・水谷は「魅せるプレー」で決勝進出

江宏傑・黄聖盛は巧みな台上プレーで先手


<男子ダブルス準決勝>
江宏傑・黄聖盛(台湾) 5,-7,4,11 K.カールソン・M.カールソン(スウェーデン)
岸川聖也・水谷隼(ファースト・DIOジャパン) 4,9,7 呂翔・周啓豪(中国)

江宏傑・黄聖盛の台湾ペアは台上で先手を取り大きなラリーに強いスウェーデンペアに差をつけた。
岸川・水谷は陳建安・荘智淵の世界ダブルス王者ペアを破った中国の若手ペアをも一蹴。1回戦から準決勝までリラックスした余裕のプレーのまま決勝進出を決めた。

<男子ダブルス準々決勝>
江宏傑・黄聖盛(台湾) 6,9,6 上田仁・吉村真晴(協和発酵キリン・愛知工業大)
K.カールソン・M.カールソン(スウェーデン) -7,8,5,-7,9 松平健太・丹羽孝希(ホリプロ・明治大)
岸川聖也・水谷隼(ファースト・DIOジャパン) 10,9,-1,6 唐鵬/ウォン・チュンティン(香港)
呂翔・周啓豪(中国) 9,-8,-8,11,8 陳建安・荘智淵(台湾)



今大会の模様は卓球レポート8月号(7月20日発売)に掲載

公益財団法人日本卓球協会:http://www.jtta.or.jp
ジャパンオープン・荻村杯2014:http://sports.geocities.jp/takkyuukanagawa/ogimura2014.html

国際卓球連盟(ITTF):http://www.ittf.com/