大会報道

ジャパンオープン最終日④ 【男子ダブルス】岸川・水谷が5年ぶりの優勝

2014.06.22

<ワールドツアー・ジャパンオープン>

ITTFワールドツアー・ジャパンオープン(6月18日〜22日・横浜文化体育館)、大会最終日は男女シングルスの準決勝〜決勝、男女ダブルスの決勝が行われる。男子ダブルスは世界銅メダルペアの岸川・水谷が江宏傑・黄聖盛の台湾ペアをストレートで下して、ジャパンオープン5年ぶり2度目の優勝を飾った。

 
日本のエースダブルス健在!

決勝では攻撃力の高さも見せた日本ペア

台湾ペアも攻めたが日本ペアの守備の壁を崩せず


<男子ダブルス決勝>
岸川聖也・水谷隼(ファースト・DIOジャパン) 11,9,11 江宏傑・黄聖盛(台湾)

2009年世界選手権横浜大会、2013年パリ大会で2度銅メダルを獲得している日本が誇るペア、岸川・水谷がパリ大会以来の国際タイトルで健在ぶりをアピールした。決勝では体格がよくパワーがある台湾ペアに対して相手に攻めさせないテクニックや、日本ペアは男子ならではの大きなラリーでも得点を挙げ、ダブルス巧者ぶりを発揮した。リードされた場面でも慌てずに、自分たちのプレーを貫き、勝負どころを押さえた試合運びで2つのジュースを制し、ストレートで台湾ペアを下した。



今大会の模様は卓球レポート8月号(7月20日発売)に掲載

公益財団法人日本卓球協会:http://www.jtta.or.jp
ジャパンオープン・荻村杯2014:http://sports.geocities.jp/takkyuukanagawa/ogimura2014.html

国際卓球連盟(ITTF):http://www.ittf.com/