大会報道

甲府インターハイ2日目① 男子学校対抗はシード校が順当勝ち

2014.08.05

<インターハイ>

平成26年8月4〜9日、小瀬スポーツ公園武道館、小瀬スポーツ公園体育館(山梨)にて第83回全国高等学校選手権大会が開催される。大会2日目は男女学校対抗1〜2回戦が行われた。男子学校対抗は男子は大きな波乱はなく、おおむねシード校が順当に勝ち上がった。


 

140804-1.jpg昨年優勝の希望が丘は2連覇なるか?
 
140804-2.jpg愛工大名電は19年ぶりの王座を目指す
 
140804-3.jpg8連覇の記録を持つ青森山田はリベンジに臨む

140804-4.jpg選抜優勝の野田学園も優勝候補の一角だ

140804-4.jpg東山は湘南工大附属を破り3回戦へ。古豪復活なるか?


 2回戦からはシード校が登場し会場を賑わせた。昨年、地元福岡で劇的な初優勝を遂げた第1シードの希望が丘(福岡)は、鋭い両ハンドの田添響をエースに据え、3対0で日大豊山(東京)を退けたが、昨年優勝メンバーの田添健汰、上村、定松らが卒業し戦力ダウンの感は否めない。エース田添響を軸にどこまで勝ち上がれるかに注目が集まる。

 昨年3位で第4シードの愛工大名電(愛知)は初戦となる2回戦で富田(岐阜)と対戦。トップで1年生の松山が山本拓に1対2とリードを許すが、伝統校の意地を見せて逆転勝ち。2番は1年生でベスト4に入ったエースの松下が裏面ドライブを決めて名電が2対0。松下・高杉のダブルスは流れを失いかけたが、何とか踏みとどまって3対0で2回戦を突破した。

 昨年2位、春の選抜でも2位と不本意な成績に終わっている青森山田は三部、及川、坪井というすきのないメンバーで危なげなく松山北(愛媛)にストレート勝ち。初戦の戦いぶりからも王座奪回にかける意気込みが伝わってきた。

 春の選抜で初優勝を飾った野田学園(山口)は、ジュニアチャンピオンの吉村がトップで先制。2番で千葉が1点を失うも、続く吉村/平野のダブルス、4番の平野が勝利し、滝川第二を3対1で下して3回戦に駒を進めた。

 このほか上宮(大阪)、明豊(大分)、明徳義塾(高知)らシード校が勝ち進んだが、1回戦からの出場となった古豪東山(京都)は2回戦で湘南工大附属(神奈川)を破り、8シードの一角を崩した。

 明日の3回戦の対戦組み合わせは以下の通り。
希望が丘(福岡) 対 鶴岡東(山形)
出雲北陵(島根) 対 上宮(大阪)
明豊(大分) 対 瓊浦(長崎)
関西(岡山) 対 愛工大名電(愛知)
青森山田(青森) 対 尚志学園(北海道)
杜若(愛知) 対 東山(京都)
明徳義塾(高知) 対 専大北上(岩手)
福井商業(福井) 対 野田学園(山口)

 


卓レポ.comでは本サイトのほかにツイッター(http://www.twitter.com/takurepo/)でもリアルタイムの情報を配信しています。是非ご覧ください。

試合の詳細な記録は下記サイトをご覧ください。
平成26年度全国高等学校総合体育大会:http://www.zen-koutairen.com/2014soutai/
全国高等学校体育連盟卓球専門部:http://www.koutairen-tt.net/

今大会の模様は卓球レポート10月号(9/20発売)に掲載予定です。