大会報道

甲府インターハイ3日目① 男子学校対抗、第1シードの希望が丘が敗れる波乱

2014.08.06

<インターハイ>

大会3日目は男子学校対抗3回戦が行われた。青森山田、野田学園ら強豪がベスト8に勝ち上がった。一方、第1シードの希望が丘が、鶴岡東に敗れる波乱があった。


 

140804-1.jpg鶴岡東が第1シードの希望が丘を下す金星
 
140804-2.jpg鶴岡東2番の相馬はエース田添をストレートで破る殊勲
 
140804-3.jpgトップで郡山との大熱戦を制して松山が先制点

140804-4.jpg明徳義塾、渡辺はキレのあるプレーでチームを牽引

 大会3日目は朝9時からベスト8入りをかけて男子学校対抗3回戦が行われたが、波乱の幕開けとなった。
 第1シードの希望が丘(福岡)が鶴岡東(山形)にまさかのストレート負け。2番でエースの田添が相馬に敗れたのが大きく響き、続くダブルスも敗れて昨年に続く2連覇はならなかった。一方、勝った鶴岡東は終始向かっていく気迫のプレーで前回王者を飲み込んだ。

 接戦が予想された愛工大名電(愛知)と関西(岡山)の注目カードは、愛工大名電が勝ち、ベスト8入りを決めた。トップで1年生の松山が思い切りのよいプレーで、今年の全日本ジュニア3位の大エース、郡山をゲームオールの大接戦で下す殊勲。2番の松下も呉に競り勝つと、3番の松下/高杉のダブルスも取り、3対0のストレートで難敵を下した。スコア的には3対0だったが試合時間は3時間に迫り、男子学校対抗3回戦の中では1番遅く試合が終わった熱戦だった。

 一方、優勝候補の大本命、青森山田(青森)は尚志学園(北海道)にストレート勝ちしてそうそうにベスト8入り。高校生らしからぬ落ち着いたプレーを見せる坪井、三部、及川の三銃士にすきはなさそうだ。

 今年の全日本ジュニアチャンピオン吉村を軸に優勝を目指す野田学園(山口)も、昨日松商学園との大熱戦を制して勝ち上がってきた福井商業(福井)をストレートで下してベスト8入りを果たした。

 昨年の男子シングルス3位の渡辺を擁する明徳義塾(高知)は3番のダブルスを落とすも、3対1で専大北上(岩手)を破り、ベスト8入り。トップで圧勝した渡辺のキレキレのプレーは会場内でも際立っていた。

 そのほか、カット主戦型の矢野の活躍が光った明豊(大分)、古豪の東山(京都)、上宮(大阪)ら関西勢がベスト8に名乗りを上げた。

15時から行われる準々決勝の組み合わせは以下の通り。
鶴岡東(山形) 対 上宮(大阪)
明豊(大分) 対 愛工大名電(愛知)
青森山田(青森) 対 東山(京都)
明徳義塾(高知) 対 野田学園(山口)

 


卓レポ.comでは本サイトのほかにツイッター(http://www.twitter.com/takurepo/)でもリアルタイムの情報を配信しています。是非ご覧ください。

試合の詳細な記録は下記サイトをご覧ください。
平成26年度全国高等学校総合体育大会:http://www.zen-koutairen.com/2014soutai/
全国高等学校体育連盟卓球専門部:http://www.koutairen-tt.net/

今大会の模様は卓球レポート10月号(9/20発売)に掲載予定です。